2017年04月16日

GLOCK17 GBB 【STARK ARMS】




今日も更新ですface02
本日は天気も良く、非常に暑い1日になりました。私はTシャツでバイク乗りましたね。それくらい日中は気温が上がりました。風が春の匂いでしたよ。ウチの本日の定例会は大人数でした。昨晩はあと数名で入場制限になるところでした。フィールドに入れるだけいれまくってしまってはフィールドがメチャクチャ広い訳ではないですし、ゲームが渋滞して面白くない場合も多いですすからね。ウチはサバゲーを純粋に楽しむフィールドなので実はオンシーズンになると入場制限になる参加人数の上限を設定しています。定例が開催されるメインフィールドにGRAY FOX側を繋げる日やMフィールドを繋げる日など状況によって上限人数は違いますが、せっかくの休日を思いっきり楽しんでもらいたいため、お客様を詰め込めるだけ詰め込んでということはしませんよ(^^) デブグルは来週もサクサクひたすらサバゲーを楽しむ定例会を開催いたします!













一般的にGLOCKと言えばこの17ではないでしょうか?
当たり前過ぎてまだ上げてませんでした。一番スタンダードで使用率も高いハンドガンで、ゲームの日は必ず使っている人を多数見かける超人気です。やはりマルイ製がダントツ人気ですね。こちらは海外製のGLOCK17です。
子供の頃、はじめて見た時はカッコ悪いデザインだなぁと思いましたが、今では大好きです。そういえば10数年前にSCARも最初は斬新過ぎて受け入れるのに時間がかかったのを覚えています。





ライトはシュアファイアーが一番しっくりきますね。こちらはレーザーが付いていないライトのみのX200です。







同社の他のGLOCKも同様に、刻印は非常に綺麗ですが表面仕上げの耐久性がイマイチです。すぐに傷が入り下地の銀色が出てしまいます。是非ともセラコート仕上げに変更したいですね。ポリマーのフレームは実銃同様の仕上げ。質感もいい感じでコレクションにも向いていますね。近いうちにセラコートバージョンのGLOCK17をブログでご紹介したいと思います(^^)




おまけ




フラッシュライトをマウントした銃で結構困るのがホルスターの選択肢の狭さではないでしょうか?専用だとフラッシュライトの種類も制限されてしまうし、何でも入るホルスターだと今度は大きすぎてカッコ悪いなど色々な問題があります。私がオススメしているのはこちらのCRAYタイプのホルスターです。素早い着脱には少し練習が必要ですが、これなら全てではないですが色々なフラッシュライトをマウントしたGLOCKシリーズが安全に携帯できます。でもちょっとだけ問題もあります。どうやら物によって写真一番下のように少し削らないと入らない場合があります。実銃はマルイ製より銃の厚みが少し細いからだと思いますが、ちょっとだけ加工が必要な場合があるようです。アマゾンで購入可能ですし、2000円前後とお手頃なので是非お試し下さいface01






Daisuke












※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。