2017年04月14日

LCT AKMS AEG Base / AK Pistol 【LCT/Custom】




暖かい日が続いていますね~face02
土曜日曜とも晴れマークに変わりました!
もちろんウチのフィールドは両日とも定例会開催です。1日集中してサバゲーを楽しみたいという方のためのフィールドですので、余計なことはしませんよ。ダラダラと中々ゲームが始まらないとか、スタート前から見えている敵を素早く撃ってヒット数の競い合いではなく、本来の普通のサバゲーを楽しめるフィールドです。最近本来のサバゲーをできていない方など是非お越し下さいませ~
事前予約で参加もOKですし、気が向いたから行ってみようという当日参加もOKです。途中当日参加の料金設定もありますので、お気軽にご参加下さいませ(^^)











今日は電動AKのカスタムをご紹介です。
ベースになったのは、台湾のLCT社のAKMS。
様々なメーカーのパーツ組み合わせ、加工して作った当店オリジナルの1丁です。







テーマはとにかくコンパクト。
映画のトゥルーライズの悪役が使っていたAKが欲しかったのですが、売っていないので参考にしつつ自分好みに仕上げたモデルです。小さいですが重量が結構あるのでゲームで振り回すにはちょっと重いかなという感じです。





加工で一番苦労した部分がフロント周りです。
VFC製のクリンコフ用のレールキットを納めるには加工が必要でした。削りはもちろん、フロントサイトやガスルート周りは溶接までして完成しています。







スチールフレームの質感は良い感じ。VFCとは違いLCTはツヤっぽい仕上げですね。チャージングハンドルもLCTの別売りをチョイスしました。突起が大きいとフィールドで引っかかって取り回しが制限されてしまうので、このチャージングハンドルはいいですね。ハンドルが上を向いています。




最初、グリップはSAWを付けていましたが、見た目がゴツくて日本人の手には大きすぎてグリップ力が弱くなるので、ノーマルのグリップに戻しました。デザイン性はないですが、握りやすいAKらしいグリップですね。
ゴツくて迫力はあるけどコンパクトなAKは私のお気に入りです(^^)





CAMP DEVGRUのツイッターも是非ご覧くださいませ~


こちらからどうぞ⇒ https://twitter.com/CampDevgru

ではでは。





Daisuke












※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。