2010年12月10日

激しい使用で割れてしまうメカボの対策




結構多いトラブルの一つにメカボックスのフロント部分(シリンダーヘッド付近)にヒビや完全にモゲてしまう事が多々あります。
射撃回数が多いゲーマーが所有する電動ガンによく起こるトラブルですが、最近では次世代M4にも起きている事が確認されています。
スプリングに勢いよく押されたピストンがシリンダーヘッドに直にぶつかる構造ですのでメカボックスに負荷が掛かるのは当然の事ですが、激しいフルオートや多くのゲームをこなしているうちに段々とクラックが入り最終的には割れてしまうトラブルを未然に防ぐ方法があります。
絶対に割れなくなるとは言えませんがかなり耐久性が向上するので、メンテナンスやチューニングでメカボックスを開けた時についでにやってみてはいかがでしょうかface01

SEALs CUSTOM FACTORYでは最初から加工されたマルイ純正メカボックスの販売や持ち込みされたメカボックスの加工も承っておりますので加工に自信が無い方やめんどくさい方はお気軽にお問い合わせ下さいね。



新品のマルイ純正Ver2メカボックス
そういえば最近のM4系Ver2メカボックスは補強が増した新型に変わっていますね。


ノーマル。


ノーマル反対側。特になにもなっていません。


ノーマル内側






そして今回補強加工された新品のVFC製 Ver2メカボックス。
基本はマルイと同じです。


矢印の部分が加工箇所で、シリンダーが当たるフロント側の四つ角をフライスで丸く削っています。


反対側も同じく丸く削っています。


内側から見た図。


こんな感じに加工してやると耐久性が相当上がります。
結構イジる方達には常識になりつつある加工ですが是非是非やってみて下さい。

SEALs CUSTOM FACTORYでの販売と加工は以下の通りとなります

・加工済み新品マルイメカボックスVer2は 税込3600円
・完全分解・洗浄した状態での持ち込み加工は 税込1800円
他の機種の販売・加工ももちろん承りますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。



SEALs CUSTOM FACTORY
〒124-0006
東京都葛飾区堀切3-6-7
mail:magpul@r3.dion.ne.jp
☎:090-6715-7338








※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。