2014年01月26日

新製品VFC MP7をKWA製と比較してみました(^^♪




昨日ご紹介したVFCの新製品MP7A1を今日はVFCと同じ国で製造されているアメリカに本社があるKWA製のMP7A1と比較してみました(╹◡╹)
VFCのMP7は本物でも最新の機種になると思われます。マルイ製やKWA製のMP7は少し前のジェネレーションになると予想されますが、本物が現在まで何度マイナーチェンジをしているか不明なのでどのメーカーがどのジェネレーションをエアガン化しているか調べる事はできませんでした。でも先週最新の本物を確認したばかりなので、恐らくVFCのMP7は最新モデルと思われます。なのでどのメーカーのサイズや重さが正しいとかではなく、メーカーによって表現が違う面白さを今日は少し調べてみました(^^♪ マルイ製とKWA製はサイズと重さが近いので、今日VFCのMP7と比較するのはKWA製(KSC製)をチョイスしてみました(^^) 質感などもメーカーごとに違っていて見比べるのも楽しいです。性能重視なのか見た目は絶対リアルにこだわるのかなど人それぞれ好みが違うと思うので今後の購入の際に少しでも参考になればと思います(^^)v

















黄色いセーフティーマーカーが付いている方がKWA製(右)
オレンジのセーフティーマーカーがVFC製です。

上がKWA製 下がVFC製



ガスブロで一番最初に出たのがこのKWA製。Umarexなので正式なHKとして有名。冬でも作動してしまう性能とリアリティが人気ですね(^^♪



昨日発売になったVFCの最新作。全体的にマットな仕上げでマルイ製に近いかもしれません。持った感じ明らかに他より少し大きいです。




細部で色々違いますね(^^)







フロント周り。
上がKWA製 下がVFC製。若干のサイズが違う事でイメージが全然違いますね(╹◡╹)









ボディ周りもVFCが長さも太さも高さも大きく見えます。写真はKWA製を下に置いて撮影しているので正確ではありませんが、VFCの明らかに大きいのがお分かり頂けるかと思います。





グリップもVFCが太く、マガジンもVFCが太いです。実銃でもマガジンに種類がある可能性があるのでどちらが正しいかは分かりません。




ストックの表現もかなり違います。
VFCの方が短い設計です。スリングを引っ掛ける穴もKWA製には無いですがVFC製にはあります。やはりKWA製は少し前の旧型でVFCが最新のMP7を作ったのかも知れません。ご存知の方は教えて下さいね(^^♪
あなたはどれにしますか???









お知らせ

え~また出張です(-_-;)
今回は台湾です。やっとSEALsオリジナル商品が完成したとの連絡が入り確認しに行ってきます!!!!
予定より遅れましたが楽しみです。どんな物かは近日中に発表します。ただ今回は商品をチェックするだけなので3泊で帰ってきますので気が楽。飛行機も4時間程度だしよかったです(^^)v
明日の月曜日は工房はお休みですが、火曜からは通常通り営業しているのでご安心下さい。電話も大丈夫ですよ(╹◡╹) 私は台湾から新製品の情報を少しだけブログで載せる予定です(^^)v是非チェックして下さいね(^^♪
では行って参ります。



Daisuke


  

Posted by DAISUKE at 16:43Comments(0)

2014年01月25日

NEW MP7A1 【VFC】




今日は新製品のお知らせですface02

久しぶりの新規新製品って感じです。
VFCからガスブロのMP7が発売となりました(^^)v
今更MP7?と思いましたが、現物を見たところマルイ製やKWA製とは異なる部分が色々あって新鮮です。本物のHKでは既にMP7のTANカラーが存在しますが、VFCでも既に発表しており今後バリエーションを増やす事は確実のようです。今日入荷したMP7の説明書にはMP7A1 Navyという折りたたみフォアグリップではなくレールが標準のモデルが既に記載されており、何年も前から願っていた私はちょっと興奮気味です(╹◡╹) 1月にガスブロを発売する辺りが日本の気候を考えてない感じしますが、新製品が停滞している時期なのでこれからドンドン新しいバリエーションを増やしてほしいですね。冬真っ只中ですが、なにげにあっという間に春がきてガスブロシーズン到来になるので今からセッティングを出して今年のメインウエポンの一つとして使ってみたいです(^^♪

また最後にSHOT SHOWのオマケがありますよ(^^)
















見た目は普通のMP7ですが、実は細かい部分で色々他のメーカーと異なります。
大きく違う部分は、マルイ製やKWA製よりボディの全長が1.5センチほど長い事。マガジンも一回り太いです。最初持った時にちょっと大きくね?と思い比べてみました。KWA製と比べかなりマットな仕上げで凄く軽量です。サイズや重さがどちらがリアルなのか調べていませんが全然違いますよ。 VFCは全体の仕上げが高級感ありますね。先日実銃を触ってきたばかりですがソックリそのままです。さすがVFC(╹◡╹)



サイドレールは別売りのようです。本家HKから新しく出たMP7用の角が丸くなったレールを付けたいです(^^)v



便利な機構がこのハイダーの上に付いたホップ調整ダイヤル。これは非常に便利でいいですね~ 暖かくなったら本格的に弾道の調整をしてみたいです(^^)




マルイ製やKWA製と全然違う部分がこのアイアンサイト。ボリューミーなサイトですが、こちらが本物のMP7では現行になる方ですね(^^)vカッコイイです。実物の写真は⇓










いいですね~本物ソックリな仕上げですよ~
ボルトリリースが実銃同様に下に動かすのってVFCが初ですかね?非常に驚いたのが、ボルトリリースレバーのテンション(硬さ)とチャージングハンドルのテンション(硬さ)が実銃ソックリな事。狙ってやったのか?偶然なのか?非常にリアルですよ(╹◡╹)




スライドストックもまぁ~リアル。シッカリしていて硬い感じですが、グラつきなく頑丈。実銃のような雑さも良い意味で表現されています。国産は綺麗すぎますからね(^^)
VFCの最新鋭MP7、超オススメです。在庫ありますがご注文はお早めにどうぞ(^O^)











オマケ

SHOT SHOWのトリジコン社のブースで気になったのですが、集光チューブは最近黄色が主流なんですかね?展示はほとんど黄色でした。緑色が最新だと思っていましたが黄色だったんですね(^^)



LMT好きの私が持って帰りたくなった銃の一つがコレ。MRPやっぱりカッコイイ(^^♪ 上の方には新型のMRPもありますね(^O^)
エアガンでも出して欲しいです(╹◡╹)
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 18:19Comments(0)

2014年01月24日

STAG15+HK416 GBB 【VFC】




今日から通常のブログですface02

今日の東京の日中はかなり暖かったですね(^^)
たった4~5度いつもより上がっただけでこんなに感じ方が違うのかと思いました。暖かいと言っても15~6度?程度なので寒さになれた体の気温の感じ方は冬と夏とでは全然違いますね。ところで私は冬が大嫌いなんですが、冬でも楽しく過ごすためにクライミングジムとか通っていて今回の冬はまだ楽しく過ごせているのですが、どうせ冬なんだからもっと冬を楽しんでみようかな?と考えていたところ、山中湖でワカサギ釣りを楽しむ風景がテレビでやっていたので凄くやりたくなりました。山中湖なら東京から高速で2時間以内で行けるし、ワカサギの天ぷらは絶対ウマイし楽しそうなので行ってみようと思います(^^♪ 友達を誘ったところ、実はみんなやってみたかったらしくノリノリだったので、急遽2月アタマに行く事にしました(╹◡╹) 今から楽しみです(^^)

さて今日はVFCが限定で過去に出したSTAG ARMSのSTAG15 GBB本体に、VFCのHK416 GBBのアッパー類を組み込んだカスタム銃をご紹介。VFCの旧式ガスブロなので快調に作動させる加工や変更で大変苦労した1丁ですが、夏場はかなり使っているお気に入りの1丁でもあります(^^)v あと最後にSHOT SHOWのオマケを載せてありますよ(^O^)
















イイですねこの全体のバランス(^O^)
HK416独特のグリップの角度(立っている)がM4にはないバランスで私は大好きです。




アッパーがHK416なのでレールもHK。実物レールですがVFCには無加工で取り付け可能です(^^)










いい色してるロアーがSTAG ARMS。SHOT SHOWにもSTAG ARMS社は出店していましたが、かなりブースが大きかったのでアメリカでも有名なメーカーなんでしょうね。でもトイガン化された機種は少ないです。VFCではかなりリアルに製品化していて、FDEの色も塗料の強度もかなり実銃に近いと思われます(^O^)




メーカー不明のVLTORレプリカ。どうやら本物のVLTOR社は散々中華に無許可でコピーを出されカンカンの様です。コレもその一つでしょうかね。我々には安くてありがたいのですがね~












オマケ



SHOT SHOWのMAGPULブースに置かれていたAK。
私はこのODにコーティングされたAKに一目惚れしました。帰ってからエアガンで絶対作ってみようと思った1丁です。TANカラーばかりの時代ですので余計美しく見えます。どうですODカラー?? ちなみにウチはガンコートやってるので同じ感じに仕上げられますよ~(╹◡╹)
ではでは。




Daisuke













  

Posted by DAISUKE at 17:43Comments(0)

2014年01月23日

SHOT SHOW 2014 写真3




今日もSHOT SHOWっすface02

とりあえずショットショーの写真を沢山出してきましたが、ぶっちゃけキリがないのと、エアガンの新製品なんかも入ってくるのでショットショーだけのブログは今日で終わりです。今後はいつも通りのブログ+ショットショーで撮った細かい写真を同時に載せていきながらやりますね~(^^)v
さらに詳しくショットショーでの最新製品の詳細は3月13日発売予定のPEACE COMBAT3号で詳しく出す予定です(^^♪ そちらも合わせてチェックして下さいね(╹◡╹)

しかし写真を撮りすぎると選ぶのだけでも相当時間がかかります。しかも素人撮影&会場内の照明が暗かったり影が多かったりでピンぼけがかなり多かったです。そんな時大活躍したのが私のiPhone5s。最近のスマホのカメラの性能は馬鹿にできません。おまけ程度に思っていた携帯のカメラですが、素晴らしい性能に今回は本気で驚きました(^^♪ 















STIの拳銃。
ピンクの銃は可愛らしいですが、金額は可愛くないですね(笑) 下の方は約2900ドル強と更にお高い。





トリジコンからは新型&マイナーチェンジモデルが沢山出ていました(^^)v









MAGPULブースではM4系からAKなど様々な銃がカスタムされていました。最近では拳銃にも力を入れているみたいですね(╹◡╹)







Kimber社のブースはSTI社同様に物凄い種類のガバ系拳銃はありました(^^♪ アメリカらしいデザインが多くてやはり高額な拳銃が多いです(^^)




BARRETT社のブースはやはりM82系がメインで沢山置かれていました。マイナーチェンジモデルが多かったですね(╹◡╹)






こちらはまたHKブースですが、HKでも新型以外にマイナーチェンジされたモデルが幾つも発表されていました(^^♪



Kriss社はご丁寧に銃の説明をしっかりしてくれます。同行した通訳のアメリカ人でさえ専門用語の連発でわからない事が多かったですが、こちらの質問には何でも答えてくれました(^O^)



M&Pの護身用オート。本当にポケットサイズで軽くてオモチャみたいですがコレも本物の拳銃です(^^)

近々、私が実弾射撃している動画も載せていくので是非チェックして下さいね(╹◡╹)
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 19:21Comments(0)

2014年01月22日

SHOT SHOW 2014 写真2




今日もSHOT SHOWっすface02

実はやっと時差ボケがなおった感じなんです。
眠くなる時間は特に問題になるほどではなかったのですが、困ったのがお腹が空く時間帯の変化なんです。腹が減って起きてしまう事なんて普段は絶対なかったのでこれも時差ボケなんでしょうが、明け方辺りに物凄く腹が減る症状がやっとなくなってきて、通常通りになりました。
そういえばアメリカ滞在中での食事の話。今まで別の国で何度もゴミを食っている私にとってみればアメリカの食べ物は全然美味しかったのですが、さすがに毎日パンやピザを朝昼晩と食べ続けるのは1週間が限度かな~そこが日本人。でもアメリカはサラダなどの野菜類が比較的に手に入りやすいので良かったですよ。飲み物ではペットボトルの冷たい烏龍茶や緑茶が中々入手できないのが少し辛いところですかね。自販機自体が町中にほとんど無い国だし自販機を発見しても炭酸類オンリーですし。逆に喉が渇きます(笑)
しかしラスベガスだけなんでしょうか?500ペットボトルの水が日本円で330円ほどしました。高いですよね~(^_^;)

さて今日もSHOT SHOWの写真を一部ご紹介。
一気に色々出したいところですが、数が多いので順番に出していきます(^^)v 昨日同様に写真の転用・コピーはご遠慮下さいませm(_ _)m














こちらはSTI社
日本でも有名な拳銃のメーカーですが、知らない種類が山ほどありました。スタンダードな物から特別仕様まで100丁くらい展示していた気がします。700ドル~3000ドルくらいまで中々お高い拳銃が多いです(╹◡╹)





こちらは日本ではあまり有名ではないと思いますが、かなりイイ感じのガバ系とM4系を作るメーカーのDOUBLE STAR社。
M4系(AR系)なんかかなりの種類を作っていますね(^^♪






またHKですが、MR556A1というセミオートオンリーのライフル。反動が物凄く少なく命中精度抜群でした。私でも100mレンジでソフトボール程のターゲットに20発全弾命中しました(^^)v





先日も載せましたが、S&W社のリボルバー達。とにかくカッコイイですね(╹◡╹) マットなシルバーがステキです。



これはよくわかりません(笑) イタリア製と刻印がありますが、弾は22口径仕様。お遊び用ですかね?グアムとかハワイのリゾートにある射撃場なんかで撃つモデルかもしれません。



車両もちょっと。
アメリカではメジャーなATVやジェットを製造するポラリス社のATV。小型ですが砂漠などでの機動力はスゴイです(^^♪



ポリス用の装甲車。かっこ良すぎるデザインですね。中は意外に狭いですがこんな車所有してみたいです。気になるのはお値段です(笑)



こちらはどちらかと言うとSHOT SHOWよりモーターショー寄りでは?と思うカスタムカー。カッコイイですよね(^^)v



これもMAGPULのロゴが入ってはいますがモーターショー寄りの車。ボディはプラスチックで巨大なラジコンみたいです。窓ガラスもありませんね(^^)






トリジコン社はスコープやダットサイトが色々。
最新のACOG系などの写真はまた後日。





聞いたことないメーカーも沢山ありました。すっげーカッコイイのに日本では全く知られていないモデルなどあったり見つけるのが楽しいですね(^^♪








オマケ

SHOT SHOWの合間に行ったアリゾナ州のグランドキャニオン(^^)v
VEGASでレンタカー借りて片道2時間半で行けます。まあまあ遠イイですが、人生で何度も行ける所ではないので行かせて頂きました。とにかく感動する景色は帰りたくなかったです。自然をそのままの状態にしているので柵とかロープとか街灯とか一切ありません。よそ見して歩けば1000m近い谷底へ~。恐ろしいロケーションでもあります。夜とか行ったら絶対落ちると思います。それと、野生のコヨーテが居ましたが、私はそれを見て、アレが本当のコヨーテTANかぁ~と思ってしまった自分が少し嫌になりました(笑) 



Daisuke  

Posted by DAISUKE at 19:16Comments(0)

2014年01月21日

SHOT SHOW 2014 写真1




こんばんわ~
無事帰国しましたface02

ラスベガスからの帰りの飛行機があまりにも長くて最後の最後が一番今回の旅で疲れました(-_-;)
ラスベガスからロサンゼルスまで1時間半。トランジットで空港で3時間待たされ、そこから羽田まで約13時間。非常に長かったです。ほとんど10時間は寝てましたが(笑)

さて今日から少しづつショットショーの写真をアップしていくのですが、1500枚ほど写真を撮ったので整理するのが大変なのでチョイスしながら数日に分けて載せますね(^^)v
いつも通りのエアガンも同時にやりますよ(╹◡╹)
申し訳ないですが、私のSHOT SHOWの写真の転用等は一切禁止させて頂きますのでコピーなどはご遠慮下さいm(_ _)m
では本日の分を数十枚どうぞ~












※ココから転用禁止⇓












こちらはHKのブースです(╹◡╹)
FDEカラーの銃が目立っていました。上の方にわざわざHKの新型サイレンサーの構造と中身を見せて頂き、説明までして頂きました(^^♪





こちらはCOLTのブース。
このブースはメディアデーの野外レンジでの一コマです。M16A3を撃たせてもらいましたが、HKやDANIELやナイツのM4系と比べぶっちゃけ命中率が悪く、作動もガシャガシャした感じでした。
上のレンジは男の人がいる所が100m。その下のレンジが50m100m200m300m500m1000mと広大なレンジです。さすがアメリカ(^^)





その他BARRETTやASW338なども展示。好きなだけ触ったり撃ったりできます(^^♪



こちらはGLOCK17R。
オモチャみたいですが実銃です。青とかもありました(╹◡╹)







SIGのブース。
非常に興味があったブースなので興奮しました。勿論展示してある銃は全て勝手に触ってOK。カッコイイ銃が山ほどありました(^^)v




BERETTA。拳銃系が多いですが、ショットガンやアサルトライフルも色々ありました(^^♪





Remingtonブースはショットガンがやはりメインで置かれてました。M870の種類が多い。
ACRなんかも色々ありましたよ~



DANIEL。この写真を撮った後に撮影禁止だと言われたのでこれ一枚きりです。残念(-_-;)



ナイツのブースでは先日亡くなったカラシニコフさんのためにAKとお花と共に写真が飾られていました。ナイツのブースも製品の撮影はNG。





LMTのブース。
個人的に絶対行きたかったブースでもあります。MRPなど色々ありました(^^)v





こちらはKriss。
実弾をフルオートで撃ってきました。動画があるので今度載せますね(╹◡╹)




DBAL-A3。
新型ですね(^^)v 本当は撮影禁止なんですが、許可を頂けたので撮れました(^^♪



途中ハイパー道楽のYASさんと合流。日本人がほとんど存在しない会場なので嬉しかったです(╹◡╹)



ハートマン軍曹。この時はGLOCKのブースに居ましたが、前日はSOGのブースでサイン会やってました(^^♪



こちらはクリス・コスタ氏。LBTのブースで質問攻めで忙しそうでしたよ(╹◡╹)



こんな人にも会えます。
スティーブン・セガールっす(^^)v 毎年来ているようで、見た目はコワイですがニコニコしていましたよ(^^♪

歩いているだけでも有名人に沢山会える会場は楽しいですが、日本では考えられない規模のイベントなのでとにかく歩くのが大変です。何度か迷子になりました~
明日も写真載せますね。
ではでは。



Daisuke  

Posted by DAISUKE at 18:23Comments(0)

2014年01月16日

SHOT SHOW その2




今日もベガスからですface03

SHOT SHOW最終日の今日も広大な会場をひたすら歩きまくりました^^; ぶっちゃけ香港出張と同じくらい歩いて疲れも限界に近づいてきていますが、明日の午後には日本への飛行機に乗れるので気分は最高です。アメリカは楽しい国ですが、私はやっぱりJAPANが1番大好きです。早く白い米と明太子と味噌汁をいただきたいです。

今日もSHOT SHOWの会場をほたすら歩きで見て回ったのですが、昨日より今日の方が撮影を断られました。私は一応メディアのIDを首からぶら下げ、他の二人と行動しているのですが、特に有名なお目当てのメーカーが数社撮影できませんでした。ナイツ、トロイ、ESSに断られたのですが理由は帰国してからにします。それとSHOT SHOWの知られざる部分も帰国してから暴露しちゃおうかと思います(笑)

さて、今日も写真をランダムに数枚並べるだけですが、数千枚の撮影した細かい写真なども帰国してからじっくり載せていきます。撮影許可をいただけたメーカーがほとんどだったので、銃やらレーザーやらスコープの詳細を後日またアップしますね(^_^)























まだまだあるのですが、また後日に細かく載せていきます。
ではでは(^-^)



Daisuke


  

Posted by DAISUKE at 15:47Comments(0)

2014年01月15日

SHOT SHOW その1




今日もベガスからお届けですface02

街全体がSHOT SHOWムードになっており、テレビでも24時間SHOT SHOWの番組が流れてるいます。
昨日はメディアデーとして、一般客は入れない広大な砂漠のレンジに連れて行ってもらい実際に様々な銃を堪能してきました。何百丁もあったので私はその中からMk18やHk416など日本でも有名な銃を15種類ほど好きなだけ撃たせて頂きました。夢のような世界で気が済むまでセミオートでもフルオートでも撃てます(^-^) で今日からメイン会場の巨大な建物の中で一般のイベントが明日まで開催され、本日も行ってきました。余りにも銃の種類が多いので今日のブログは昨日の屋外レンジでの写真をほんの一部ですが並べていきます。後日ちゃんと整理して改めて詳細を載せます(^_^)


































写真が小さくなってしまいましたゴメンナサイ。
帰国してから大きい写真を改めて載せます。まだまだあるのですが、パソコンがバグりそうなの今日はこの辺で。しかしアメリカは規模が全然違います。何もかも全てです(^-^) ではでは。



Daisuke



















  

Posted by DAISUKE at 12:30Comments(0)

2014年01月12日

SHOT SHOW!!の前に




今日はラスベガスからですface02

ホテルのWi-Fiがダメダメ&有料(^^;;で苦戦しておりますが何とかアップします。写真はお見苦しいです(笑)

滞在2日目ですが、実はSHOT SHOWはまだ開催していません。明後日からなんです。なので今日はラスベガスの銃砲店に行ってきました。アメリカ本土でも最近は銃の規制が厳しいのでマシンガンなどは撃てる所が限られていますが、ラスベガスはまだまだ軍用なんかの銃を好きなだけフルオートで撃てるので銃好きにはたまらない地域です。しかも銃砲店が沢山ありますね(^-^) スーパーでもライフルや実弾が購入できる地域なので楽しいです(^o^)
今日試しに行った銃砲店の銃を少しご紹介しますface01












まずはコレ
SIGのP229です。非常にリアルな作りの実銃です(笑)
値段は750ドル。お金を払えば2日で手元にくるそうです。



こちらはSIGの2022。
574ドルとお安いです(^-^)



こちらはUSPコンパクト。
UMAREXの…ではなくHKの本物です。お値段は900ドルとかなり高額です。しかしトイガンのリアルさを改めて感じます(^o^)



こちらは旧式のライフルが多いですかね。見た目はかなり綺麗ですが中古かな?新品かもしれませんが不明です。トイガンとソックリです。






こちらはレンタル銃。
と言っても実銃。グアムやハワイと違ってミニミなんかもフルオートで撃てちゃいます(^-^)
全てを撮っていませんが、かなりの数が楽しめます。銃砲店の隣が射撃場になっていて試し撃ちも可能です)^o^(




こんなのも含めて私の好物で溢れかえった国だなあと改めて思いました。上のハーレーは日本で走っているレプリカではなく本物の警官が乗るハーレーです(^-^)
まだまだ銃の写真が沢山ありますのでまたアップします(^_^)
ではでは。




Daisuke








  

Posted by DAISUKE at 14:41Comments(0)

2014年01月10日

SHOT SHOW 2014





今日はお知らせですface02




本日の東京、非常に寒いです。静電気MAXです(-_-;)
でもイイんです。今晩アメリカのSHOT SHOWに旅立ちます(^^♪

という事で、本日24時から出国いたしますので1月18日まで私は不在となります。でも工房は通常通りの営業で、お電話やメールでのお問い合わせも通常通りですのでご安心下さいませm(_ _)m
色々な実銃なんかを見てきますが、勿論最新の銃の写真を撮ってブログにリアルタイムでアップしていきます(^^)v
会場はラスベガスなのでSHOT SHOW以外でも銃砲店や射撃場も沢山あるので行ってきたいと思います。今回はマシンガンを撃つ予定ですのでその辺もアップしますね(^O^)















こちらは去年のSHOT SHOWの写真ですが、今回はどんな最新作が見れるでしょうかね?非常に楽しみです(^^)v
めったに行けないのでとにかく写真を沢山撮ってきます。細かい部分まで撮って、帰ってからエアガンのカスタムなどの参考にしたいです。皆様にも是非参考になればと思うので帰国した後もちゃんとブログで出していきます(╹◡╹)

上記でも書いておりますが、SEALs CUSTOM FACTORYは通常通りの営業となります。スタッフが不在になったり予約が入っていたりする場合も御座いますので、ご来店の際は必ず事前にお電話頂けたらありがたいですm(_ _)m
それでは行って参ります(^^♪
次はラスベガスからお届けです!!!!!




Daisuke
  

Posted by DAISUKE at 18:59Comments(0)

2014年01月09日

2014年1発目!!! Mk18mod1【VFC】




あけましておめでとうございます!!!!!
今年も宜しくお願い致しますface02

遅めの新年1発目のブログとなります。
皆さんお正月は如何お過ごしでしたでしょうか?
毎年の事ですが、私の周りは何キロ太ったって話ばかりで、正月は食っちゃ寝で過ごす人が多いのですかね?私は久しぶりに先祖のお墓を全てに手を合わせに行きました。なのでほとんどお正月は各地のお墓に居ました(笑)2013年も事故なく元気に過ごせた事を感謝して、2014年も平和に過ごせるようにお祈りしてきました。自分の気持ちの整理としてもお墓参りって大事ですね(^^)

さて、2014年ののトップバッターはVFC製の電動Mk18Mod1の登場からになります。
HK416の人気って注目されない時は全然なのに、注目されると爆発的な人気になる極端な感じなんですが、Mk18Mod1は何年もず~っと安定して非常に人気が高いモデルだと私は思います。しかも文句なしにカッコイイですからね。軍用らしさとタクティカルな感じの融合で合わせる装備のジャンルも幅が広いモデルですよ(^^)v















グリップとストックがTANカラーのタイプです。海兵隊仕様ですかね。
ゴツイ印象がありますが、本体はかなりコンパクトで軽量です。長時間のゲームに向いた電動ガンですね(╹◡╹)





DANIELの超リアルな正規品レプリカレールは非常に出来がイイです。
色も良く他のレプリカとはレベルが違いますね(^^♪







レシーバーはCOLTの軍用なのでパーカー色。渋めではありますがグレーが強めの仕上げになっています。
私はこの銃で一番好きな部分がこのレシーバーの質感です(^^)v



ノーマルはTANカラーのクレーンストックですが、こちらはレプリカのVLTORに変更。
最近レプリカであまり見かけなくなってしまいましたが、出来が良くて安いのでお気に入りだったので再販を期待したいですね(^O^)

2014年1発目の購入候補に是非Mk18Mod1をオススメしたいですよ(^^♪
皆様今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
ではでは。



Daisuke  

Posted by DAISUKE at 17:57Comments(0)