スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月28日

M4CQB 【VFC】




今日は軍用ですface02

M4 SOPMODの短い版ですね(╹◡╹)
VFCではM4CQBは過去に限定生産されたのみで現在は完成品として入手できませんが、Mk18Mod0のアッパーアッセンブリーなどが入手できるので通常のM4のロアーに組み合わせたCQBです。一応カスタム品ですね(^^)
今回のモデルはアッパーのみTANカラーにペイントされ、ロアーは新品のままです。特にこだわった訳ではなく時間が無くてペイントしていないだけですが、意外にカッコイイのでそのままにしてあります^_^
M4より10センチ程短いので取り回しが随分違います。重さも軽いですがコンパクトで持ち運びも楽なので長時間のゲームにはピッタリです。色々なパーツを組み合わせれば普通のM4~特殊部隊っぽく仕上げる事も簡単に可能なので何通りも楽しめる一丁です。スタンダードですが落ち着きますね(^^)v



















いいサイズですね(^^♪
普通なんですけど、このサイズはファンが多いです。かっこ良くて取り回しなんかも良いからでしょうかね^_^
特別な部分は無いM4ですがイイですよね(╹◡╹)





レールはRASではなくRISなので前側で固定するタイプです。旧式ですがそれがイイのです(^^♪
実銃ではレールカバーが溶けるほどバレルの熱がレールに伝わってしますので、現在はフローテーションなどのリア側で固定するのが普通です^_^












ま、ここも普通です(笑)
ペイントも超テキトーですがテキトーさがイイと思っています。塗料も極々普通のTANカラーですが味が出ていますね(╹◡╹)




もちろんストックも普通です(笑)
追加したパーツはスリングスイベルマウントをバッファー根本に付けただけです。

普通のM4も是非どうぞ~(^^)v












オマケ



先日新発売されたVFC製のガスブロMP5K(クルツ)にも使える社外の旧型グリップ(^^♪
私はこちらの方が好みです(╹◡╹) コレに交換するだけで雰囲気が全然変わりますね。超オススメなアイテムです(^^)
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:59Comments(0)

2013年06月27日

SR15E3 IWS Custom 【VFC】




今日はオシャレなKNIGHT'Sですface02

本日の東京は梅雨の合間の晴天(^^)v
なんとも清々しい1日でしたよ。暑くもなく寒くもなく空気もキレイに感じました。こんな日が一年中だったら最高だな~と思います。今年も6月に入ってから海に潜っていますが、千葉の内房辺りだと水温が既に20度を上回る日も多く今年も沢山海に入れそうです。7月に入ったらナイトダイブを楽しむ予定です。昼間とは全く違う環境は一度ハマるとやみつきになりますが、一歩間違えると即、死につながるので海に潜る場合はプロと一緒にやりましょうね(^^♪

さて、今日はVFCの電動SR15E3 IWSを少しカスタムしたお気に入りの一丁です。シンプルですがノーマルで十分カッコイイのであまりイジらないでも十分なモデルです(╹◡╹)



















HK416を取り扱う機会が増えているので、SRシリーズが新鮮に感じる事もあります。
やっぱりセンスがイイですよね(^^)v






16inchのバレルを純正からG&PのKACタイプに変更。メーカーが異なるのでそのまま取り付けできない事があるので、困った時はお任せ下さい(^^♪














非常に重厚感のある素晴らしい作りのVFC製はオーナーを満足させてくれますね(╹◡╹)
グリップはトレポンの次に細く、材質もイイです。SRシリーズのシルバーのボルトがキラリとアクセントになりますが、オプションで黒にも変更可能です。細かいセレクターなどの仕上げも素晴らしい(^o^)





VFC製のHK416から外したストックもバッチリお似合い(^^♪
リア配線でバッテリーはストックに収納でき、余計な配線など外に出ないのでいいですよね(^^)v

VFC製の電動SRシリーズ超オススメです!!!!!












オマケ




コチラも非常にリアルにできたレプリカのグリップライト(╹◡╹)
ライトの性能も良く、頑丈にできていてオススメです。これでたったの8900円は安い!
数に限りがあるのでお早めにどうぞ(^^)
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:02Comments(0)

2013年06月26日

MP7A1 【MARUI】




今日はMARUI製品ですよface02

本日の東京はず~っと雨。
しかもシッカリ降っています。水不足の可能性が高いので沢山降ってもらいたいですが、東京で降ってもね~。ダムのある付近でお願いしますm(__)m

さて、今日は珍しいマルイ製品です。
去年の発売前は非常に注目を浴びて品薄状態や完売が相次いだMP7A1のガスブロです。でもあれ以降は次世代HK416などの登場でちょっと影が薄くなった感じですが、さすが国産!その性能は文句無しに安定した作動で、国産らしい低燃費で大人気です。しかし、外観では従来から発売されていた電動のMP7と変わらず、ABSのプラに細かい梨地。質感でのリアリティはKSCやKWAの方が全然上と評価する人も少なくなく、重さや質感にこだわるユーザーには相変わらずKSCやKWAが人気の様です。それぞれ特徴が違って比べて遊ぶのも楽しいので機会があれば両方試して頂きたいですね(^^)v
あなたはどちらを選びますか???




















ビシッとした出来ですよね(╹◡╹)
MP7の特徴をしっかりエアガンで表現していると思います。重さで言えば軽い方からマルイ➡KSC➡KWAとなり、1日ゲームで使う事を考えれば軽い方が有利ですね(^^)




非常に小型の銃なのでレールも容量が限られていますが、ライトなど取り付けるには十分です(^^♪








KSCやKWA製のMP7よりボディの質感である梨地が細かいです。正直使っていくうちにテカります。
KSCやKWAは素材自体が異なり、梨地も粗めの仕上げで実銃に近いですね(╹◡╹)




ここはシッカリしてくれていないと困る部分ですが、マルイ製もシッカリしています(^^)v
ロックも確実でゲームで使っても安心ですね(^^♪

この時期は特に最高の性能を発揮してくれるマルイ製のMP7!言うまでもなくオススメです(^o^)











オマケ



メーカー不明のLMTタイプレールハンドガード。
こんなのも有ります。珍しいタイプですね。M4のおにぎりフロントサイト避けの設計で個性的なカスタムにピッタリのレールです(^^)v かなりカッコイイデザインでオススメ。一個のみ在庫アリです。是非どうぞ(╹◡╹)
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:07Comments(0)

2013年06月25日

MP5K 【VFC】




今日は新製品ですface02

待ちに待った方も多いのではないでしょうか?私もその一人です。VFCから新製品として登場したのはHKのMP5K(クルツ)です(^^)v しかもGBBにはバッチリの季節に入荷しましたね(^^♪
最近UMAREXからHKの認証を受けているのでHKシリーズを沢山出しているVFCですが、HK416系ばかりだったのでMP5シリーズはSD3以降の久しぶりとなります。MP5Kなので小型・軽量なSMGとして映画やゲームにも頻繁に登場する日本でもメジャーな銃ですね。名前は知らなくても見たことある人も多いのではないでしょうか?
リアルさが好評なMP5シリーズだけに今回も素晴らしい出来で登場してくれました(╹◡╹) スチールとポリマーの組み合わせが実銃ソックリで、MP5の半ツヤ感もしっかり表現され満足する一丁がラインナップに加わりました。この勢いで電動のMP5シリーズも出してくれたらと個人的に願っております(^^)
今日はまだ実射テストしていませんが、リアルな外装をメインにご紹介していきます(^o^)



















メーカー公式発表によりますとスペックは以下の通りとなります。
型番:VF2-LMP5K-BK01
全長:320mm
重量:2350g
装弾数:30発
発射機構:ガスブローバック
FUNCTION:FULL/SEMI AUTO
インナーバレル:6.05×115mm
HOP:可変式

MP5K刻印を再現した新規製作アッパーレシーバー装備
新規製作MP5Kタイプリアサイト装備
新型ボルトキャリアー標準装備
JP版ServicePack付属
対象年齢18歳以上

定価¥48,000-

何点もの新規パーツが加わっています。定価は48000円ですが、実売は3万円台でしょうね(╹◡╹)
インナーバレルはマルイの電動に近い長さですね(^o^) 発射音はかなりうるさそうです。





MP5K専用のレシーバーですね(^^) 溶接など本物です! バレル先端はライフリング風に表現されていますが、真鍮のインナーバレルが目立つので私は黒染めしてしまいます(^^♪











何処を見てもイイですね!
旧型のマガジンはガス漏れ80%でしたが(笑)かなり改善したらしいです。でも私はしばらく様子を見ます(笑)
刻印などもイイ感じでロアーのポリマーも素晴らしい!旧型のリブに変更してもカッコイイですよね(╹◡╹)

間違いなくカッコイイ!枕の下にも入る!?VFCの新製品MP5K(クルツ)新入荷です。是非どうぞ(^^)v
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:50Comments(0)

2013年06月20日

AKM&56式 【VFC&GUARDER】




今日はAKを二種ご紹介ですよface02

AKは元々ソ連の銃ですが、現在までに様々な国で様々な種類がライセンス生産されています。人気はやはりオリジナルのソ連製(ロシア製)AKシリーズですが、中国製の56式なんかも影で人気だったりします。現在56式をエアガンで製造しているのは唯一香港のリアルソード社ですが、過去には何社か生産していました。しかし人気がイマイチだったのでみんな姿を消してしまいましたね。ベトナム戦争映画などで出てくるAKは全てソ連のAKと思われがちですが、プラトーンなどの映画のベトコンが使っているAKは56式です。パッと見同じに見えるAKの仲間達ですが、実は全然違っていて比べるのも面白いです。今日は代表的なAKMとAK47をベースに中国で生産された56式小銃の二種をご紹介していきます。何気に全然違いますね。
そして登場する56式ですが、過去に限定で生産された香港のGUARDER社がコンバージョンキットで発売していたパーツをマルイの電動AKのユニットを組み込んだモデルです。ウッドの質感が今となっては納得できませんが非常に綺麗に仕上げられたメタルパーツと刻印が最高にカッコイイです。なんと言っても刻印が漢字なのが私の宝物です(╹◡╹)



















まずはVFC製の電動AKM(^^)v
ウチのウェザリング加工済みの一丁です。現在メーカーに在庫が無いので売り切れですが、また入荷すると思います(^^♪
スタンダードで代表的なAKですがイイですね!!







ついでなので自慢しちゃいます(笑)
このAKMは私の私物ですが、ウェザリング加工の試作になった一丁です。現在販売しているウェザリング仕様と仕上げが異なりますがコレはコレでイイですね。使用感がたまりません(╹◡╹)












ほぼ全てスチールパーツのリアルな電動ガンなので、本物っぽい雰囲気があります(^^)v
実銃とほぼ同じ材料で作られていないといくら頑張ってもリアルに加工するのが難しいのでチョイスが大事ですね(^^♪




ウッドストックも使用感を出しています(^^)v
ノーマルはレシーバー上部にバッテリーを収納しますが、追加加工でストック内にバッテリーを収められる様に変更可能ですね(^^)












次は






こちらが中国の56式小銃です(^^)v
ぶっちゃけ不人気でマニアにしか売れなかった様子ですが良く出来ていて私はお気に入りです(^^♪
でもウッドの仕上げがニトリっぽいのでウェザリングする予定です(╹◡╹)





スパイク付きのフロントはAK47と細部が異なり独特のデザインです(^^)











なんといっても漢字の刻印がステキ!なかなか見かけないですよ(^^)
しかも綺麗な漢字の刻印でお気に入りです。単と連が分かります。




ストックの形状と角度もAK47と異なります。日本人には構えやすいサイズだと思います。
AKコレクションには加えたい一丁です(^^)v
ではでは。




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:41Comments(0)

2013年06月19日

M4A1&SOPMOD 【VFC】




今日はスタンダード二種をご紹介face02

毎度毎度VFCばかりご紹介している私のブログですが、最近新製品をドンドン出しているメーカーで注目を浴びているのは事実。次なる新製品はガスブロのMP5Kがプレオーダーになりました。来月には製品が出荷されると思われますが、MP5の人気は根強くて、しかもMP5K(クルツ)のガスブロを作っているメーカーさんは少ないので期待されています。今回も実銃同様の材質やら溶接などでリアリティは間違いないでしょう。楽しみです(^^♪

さて、今日登場するのはM4の基本中の基本であるM4A1とSOPMOD。2つ共基本的なベースは全く同じ。米軍が正式採用しているのでエアガンでも不動の人気ですね。やはり次世代M4が人気ですが、リアリティを求める人にはVFCが人気です。質感や雰囲気重視の場合は絶対オススメです(^^)v



















なんでもない一番ベーシックなM4A1です。
なんだかんだコレが一番好きと言う人も少なくありません。飽きの来ない感じでやっぱりイイですよね(╹◡╹)





ハンドガードは筒状のポリマー。この中にバッテリーを入れます。4面レールが当たり前の時代なのでこのタイプは拡張性が低いですが軽くて余計な突起もなくしっくり構えられますね(^^)










レシーバーもCOLTのスタンダード。シンプルで洒落っ気がありませんが現在でも一番スタンダードなレシーバーです。根強い安定した人気ですね(^o^)




ブッシュマスタータイプのストックもシンプルでスリムなので飽きの来ないカッコイイデザインです。やはりコレも安定した人気があります。イイですね!!!

VFC製M4A1は好評発売中ですよ~











次は






説明するまでもないですかね(^^)
もう10年以上大人気が続いていますかね?M4 SOPMOD。特にマルイ次世代M4 SOPMODは現在でもフィールドで多く見かけます。米軍現用でスタンダードなスタイルですね(^^)v





こちらはM4A1のハンドガードからレールに変更しているので拡張性が抜群にあがります。グリップやライトなど好きに取り付け可能で銃の雰囲気もガラリと変えられますね(^^♪










レシーバーはM4A1と同じですが、周りのパーツが少し違うので雰囲気がちょっと違う気がします。
非常に丈夫な仕上げと綺麗な加工なので高級感がありリアルですね(╹◡╹)




SOPMODと言えばこちらのクレーンストック(^^♪
やはり今ではスタンダードなストックですが安定した人気があります。M4A1と違いストック内にバッテリーを収納させるリア配線のM4 SOPMODはテイクダウンも3秒で完了します(^^)v

VFC製のM4 SOPMODは好評発売中ですが、生産数が少ないのでお早めにどうぞ~(╹◡╹)
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:46Comments(0)

2013年06月16日

M16A4 【G&P】




東京方面はやっと梅雨らしくなりましたね~でもこれって一時的なのでしょうか?天気予報も雨マークが少ない気がします。毎日雨でジトジトは嫌ですが、水不足はもっと嫌なので一ヶ月だけは適度に雨が降ってほしいです。関西方面もあまり降っていないみたいですし。水不足や米不足は問題ですからね。
ここ数日は湿気が多いのでやはりスチール製品はサビに注意しています。室内はエアコンで湿度を保っていますが、それでも六角レンチなんかは一部赤錆が浮いてきていますので皆さんもご注意を。放置すると取り返しがつかなくなるのでオイルでコーティングしてやって下さいね(╹◡╹)

さて今日はG&P製のM16A4。
アメリカ海兵隊が正式採用しているFN社が製造するモデルを電動ガン化したコンプリート銃です(^^)v
M4に慣れているので凄く長く感じますが、この長さが非常にカッコイイですよね!人気はイマイチ(知名度が低い?)な気がしますが、アメリカ海兵隊の現用なのに何故?と思います。やはりサイズかな?私は好きな銃の上位ですけどね。カッコイイですよ(^^)v


















フルサイズのM16ですね(^^)
20inchのバレルはカッコイイですよ!!!







M4が14.5inchなのでそれより5.5inch長いことになります。センチでいうと約140mmもM4より長いので迫力があります。レールもカッコイイ(╹◡╹)











現用のアメリカ海兵隊仕様なのでFN社の刻印が入っています。表記もM16A4となっています(^^)v
軍用らしくパーカー色のダークグレー仕上げで油の染みがカッコイイですが、実銃の様にアッパーとロアーの上下レシーバーの微妙なツートンまでは表現されていません。でも軍用らしさが上手く表現されていて私は非常に好みです。かなりマットな仕上げですね(^^♪




最近お目にかかれる数が減っている固定ストック。こんなに長かったかな?と思いました。調整ができませんが固定ってカッコイイですね。中にバッテリーを収納できます(╹◡╹)

海兵隊装備には是非G&P製のM16A4をどうぞ~(^^)





Daisuke

  

Posted by DAISUKE at 18:48Comments(0)

2013年06月12日

いろいろ(^^♪




今日は色々です(^_^)

特に何も考えず過去の写真を整理していてもう一度出したい銃と、どうでも良い写真です。
一眼レフをゲットしてから二年が経過しましたが、撮影した枚数は3万枚以上。パソコンのファイルの中にファイルが入っていてというとんでもない数は既に何処に写真を保管しているか探すのも時間がかかります。
銃の写真がほとんどのため、ファイルも似たような感じなので日付で探すしか方法がないです。前はよくウチの定例会などに言ってサバゲシーンを撮影していましたが、最近は全く行けてないな~なんて思うので、時間が許す限り積極的にまた撮影に行きたいです(^^♪
で、そろそろ次なる一眼を購入しようか本格的に検討中。今使っている一眼も十分な性能で大切に使っているのでまだまだ使えるのですが、カメラ屋さんに行く度にフラッグシップモデルのシャッターの重みに憧れて本気で購入を考えています。レンズも大体は揃ったので本体のみ買えばいいのですが、なんせ中古でも30万円はするのでね~(-。-;
でも買うでしょう(^-^)













まずはVFCのBCM4のロアーにHK416のアッパーを載せた結構お気に入りの一丁(^^♪
こんな組み合わせは中々見かけないので目立ちたい人にはイイですね!よく見ると色々M4と異なり見ているだけでも楽しい組み合わせかもしれません(´∀`)




こちらは不動の人気であるVFCのMk18Mod1の電動。オールブラックモデルは最近入手ができなくなってしまいましたので貴重になる可能性があります。真っ黒パーツと軍用フレームが素晴らしくカッコイイ一丁ですよ(^^♪




こちらも貴重品。
G&P製のCA870と互換のあるエアコキのショットガン。M870。 オールメタル製でMAGPUL PTSパーツを沢山組み合わせた生産数が非常に少ないモデル。しかもリアルなレミントン刻印なんです(^-^) ウチもとうとう在庫が無くなってしまいました。
で現在はレミントンから刻印の許可が出ないので☟のホワイトレターが現行の製品になります。残念ですね~


(-。-;




こちらも入手は難しいと思われますが、我が国の製品。マルイさんのレシーライフル(^^♪
非常に人気で即完売した思い出があります。性能も抜群ですしカッコイイですからね!




これはVFCのMk12Mod1ベースのカスタム品ですかね(^-^)
こういうの大好きです。自分だけの一丁って感じで☟こんな雰囲気で使いたい!!!!! スナイパーには何時でも憧れています。






こちらも貴重品。LCTのAKMクレブスモデル!
ま~カッコイイですよね(^-^) オールメタルでズッシリひんやり。ヤフオクでもほとんど出回らないでしょうね~




こちらは最近注目が落ち着いたVFCのXCR! 相変わらず安定した人気があります。小型・軽量で扱いやすい!そして魅力は非常に安い事ですね。ウチでは29800円で販売しています。FDEカラーもありますね(^_^)




これはエアガンではありません。実銃のSCAR-Lの民間モデル。もう一度撃ちたい銃なんです(^_^) 民間モデルでセミオートオンリー。たぶん16インチバレル。このバランスが写真ではダサいと思っていましたが、実際は超カッケー!!ってなったSCARです。グアムへ行ったらオススメしたい実銃です(^^♪




続いては拳銃(^-^)
WE製のXDM。メタルスライドとメタルバレルでそのままでも十分カスタムされているモデルです。一時期は沢山出回っていましたが、最近少なくなってきました。特に刻印入は少ない気がします。気になっている人は早めの購入をオススメします(^_^)




こちらはH.Kという台湾のメーカーのPx4。
やはりメタルのスライドとバレルで非常に綺麗に仕上がった海外製品です。内部カスタムも手軽に入手できてカスタムも楽しめます。やはり見かける数が減ってきた気がします。安くてオススメです!!!




これはちょっと高級な一丁。
KWAのSIG SP2022。既に生産ストップしてから一年以上。当店でもとっくに売り切れですが未だに問い合わせが多い人気モデルです。KSCに供給しているメーカーなので性能は抜群。仕上げも最高でKWA製はメタルのスライドですね。作動重視なのでバレルはプラですが絶好調な作動は癖になります。早く再生産を願っているモデルです(´∀`)




で、色々なお気に入りの銃を持ってフィールドへ遊びに来て下さいね!! 新しく完成した障害物のハイドアウトなんかは特にハンドガンがあった方がイイですよ(^_^) 是非遊びに来て下さいm(_ _)m











オマケ

過去にも登場した中国製のトーマスのおもちゃですが、誰も予想出来ない事が起こるんですコレ。
それは↓














なんと!中から黄色いザクが登場するのです(^_^;) トーマスを戦いの武器にするな!
つーか何でザクが黄色なんだ! 面白すぎて思わず買ってしまおうか考えたパチトーマスでした。中国はこういった意味不明の品が溢れかえっています。おそるべしセンス(笑)




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:04Comments(0)

2013年06月11日

SR-15 E3 IWS Custom 【VFC】




やっとブログ復活で~す(^-^)
台風が近づいてきているので今日の東京は雨が降ったり止んだりです。梅雨らしいというか今日はジトジトした一日です。やはり梅雨は鉄パーツを一気に錆びさせるので油断できないですね。室内保管でもいつの間にかトリガーだけとかネジの頭が茶色に錆びてしまった事は経験のある人も多いと思います。ゲームが終わった後に湿気を含んだ空気ごとガンケースに閉じ込める訳ですから、自宅へ帰ったら取り出して汚れ除去ついでに油を塗ってやれば防げる事なので日頃のメンテナンスは大事ですね(^^
そして、内部も電動ガンなどはホコリを含んだ空気を吸気している訳ですから内部のシリンダーなどは半年に一度位はメンテナンスする必要があります。自分でできない場合はショップへ依頼できますし、そのまま放置で故障させれば余計な予算もかかってくる場合もあるのでマメなメンテナンスが長持ちさせる秘訣ですね(´∀`) どんな事でもお気軽にご相談下さいね(^-^)

さて、今日はVFC製電動ガンのKNIGH'T SR15 E3 IWSをベースにカスタムしたモデルです。チャラい感じの銃で目立ちたい方にオススメですよ(-^〇^-)


















シルバーのバレルがキラリと光る16インチ仕様で社外のバレルを使用しています。
メーカーによっては相性があるので購入時はご注意下さいね(^-^)






少々安っぽいメッキが施されていたのでブラストで除去した後に再研磨とコーティングで仕上げました(^_^)









レシーバーはそのままで十分カッコイイので特に変更はありませんが、BCM4なんかのパーツに付け替えても更にカッコ良くなるでしょう。刻印も素晴らしく、マットブラックもいい感じで流石VFCといった感じ(*^_^*)




とりあえずMAGPULですかね~
でも何でも似合ってカッコイイので色々交換してみるのも楽しいです(^_^) 



テイクダウンも超カンタンで、VFC製のM4系であればアッパーもロアーも組み合わせは自由です。それだけでも十分楽しめますね(^^♪

VFC製に社外パーツを組み込むご依頼も受付しておりますのでお困りの方はお気軽にお問合せ下さいね!!!



Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:35Comments(0)

2013年06月07日

Fabrique Nationale F2000〘G&G〙




最近ブログ更新がマチマチになっております~。
時間がないな~。でも頑張ります(^^)

今日はG&Gの電動F2000です(^^)v
SF映画に出てきそうなデザインですが、MINIMIやSCARを製造するベルギーのFabrique Nationale(FN社)が作ったアサルトライフルですね(╹◡╹) プルバップ式でNATO規格の5.56ミリ弾を使用する銃で、M4系のマガジンが使えます。独特な形状なので好みが別れますが、私はこの銃が大好きです。特にFN刻印のF2000はなかなか入手できなくなっているのでオススメ。信頼性のある製品を数多く製造するG&G社の電動ガンなので箱出しでも使えます。仕上げも綺麗でシッカリした耐久性のある本体は見た目以上に重いですが取り回しはかなりイイですよ(^^♪
M4系に比べ拡張パーツのラインナップが少ないですがプルバップ式が好きな人にはオススメしたいモデルです(^^)v



















やはりカツオっぽい形です(^_^;)
外部はポリマーのパーツが目立ち全体に丸みを帯びているのでしっくりします。重量が重めなのが意外ですよ(^^)






ハンドガード部分はオプションのグレネードなどに変更するため取り外しが可能です。好みでフォアグリップやライトなどを付ける事ができないのが残念ですね。











独特なデザインとセレクターなどの位置などもP90みたいに独特なので少し慣れが必要です。トリガーの感触もまた独特。でも私は凄くカッコイイ銃だと思います(╹◡╹) ポリマーの色も渋くてイイ色ですね(^^♪




ストックは使い易いですが固定式。微調整が不可能なのとストックがかなり厚みがあるので女性には合わないサイズかもしれません。メカボックスとバッテリーがマルイのP90のようにストックに収められています。バッテリー交換も簡単でイイですよ(^^)



チャンバーはM4系と同じなのでSYSTEMAやLayLaxに交換する事も可能です。しかしG&G製なので十分このチャンバーでカスタム可能です。ホップ調整も抜群にやりやすいです。

G&G製の電動ガンはあまり見かけませんが非常にオススメです。是非どうぞ(^^)v





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:45Comments(0)

2013年06月05日

M27 IAR〘VFC〙




梅雨は何処へ~?
毎日良い天気が続いてますね~梅雨を通り越して夏ですかね?梅雨の時期のジトジトは不快ですが、雨が普通に降ってくれないと水不足とかになって大変ですからね、必要以上に雨が降るのも災害になるので問題ですからやっぱり普通が一番いいですよね(^^)v 来週辺りに待ちに待ったシュノーケリングをやっとできるかな?まだ千葉の海は水温が20度に届かないのでもう少し暖まってくれたら最高ですが暑い日が続いているので海水もかなり暖められるハズ。楽しみです(^^♪

さて今日はVFCの電動M27 IARです(^^)
アメリカ海兵隊に採用された分隊支援火器のカテゴリーに入る銃ですが、基本はHK416と同じ。HK416の派生バージョンですね(^^)v レングスがバランス良くてカッコイイのでスナイパー仕様にカスタムする人も多いです(^^)
HK416と少し雰囲気が違ってこれもいいですよね(╹◡╹)



















イイですよねこのバランス(╹◡╹)
5inchほどHK416より長いですので重量も少し重くなります。でも重量バランスが良いので全く気になりません(^^)






米軍制式採用のM9バヨネットが取り付けられるように着剣ラグも付いていますね(^^)v
日本で銃剣はダメなのでプラのダミーなどで遊びましょう(^^)











レシーバーから後ろはHK416とほぼ同じで特別なパーツはありません。ロアーをCOLTに変更したりと色々遊べて楽しいですよ(╹◡╹)




実物ソックリなグリップとストックは本当に素晴らしい出来です。好みが別れる部分ですが、バッテリー収納なども最高で使いやすくてカッコイイと思いますよ(^o^)

VFC製の電動M27 IARは好評発売中です。是非どうぞ(^^)v












オマケ

これからサバゲを初めてみたい方!
梅雨のジトジトになる前に是非ウチのフィールドへ遊びに来て下さい!!! 今週末は天気予報もイイ感じです。是非是非お待ちしておりますm(__)m




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:41Comments(0)

2013年06月02日

SR-635〘VFC〙




久しぶりの更新で~す(^^)
先月の25~26日に大阪で開催されたショットショー出店してきました(^^)v
24日のお昼前に東京を出発して東名(新東名)をひたすら西へ向けて走り続けました。渋滞もほとんどなく順調に走れたので休憩や食事をしても大阪市内の会場に到着したのが夜の7時くらいでした。毎回渋滞にはまり、会場の前乗りに間に合わなかったので今回は余裕でした。相変わらずイベントは盛り上がっていて今回も大阪の皆様には大変お世話になりましたm(__)m
個人的に今回の大阪滞在中で一番楽しかったのは地元の銭湯。最高に気持ちよかったです(╹◡╹)
帰りも渋滞ゼロで静岡で一回休憩しただけで一気に東京に帰ってきたので何だかあっという間でした。ご来場頂いたお客様とイベント主催者様、今回も本当にありがとうございました!!

さて今日はVFCの電動SR635をご紹介(^^♪
最新ロットのできたてホヤホヤです。新型のチャンバーが採用されたモデルです。コンパクトで取り回し最高でしかもカッコイイこの一丁は人気者ですよ(^^)





















いいサイズですよね!
サバゲで戦う事だけに集中したい時なんか私も愛用しています(╹◡╹) 短過ぎないので銃のバランスもいいですし、本体の重量がかなり軽いのでオプションパーツを沢山付けても楽に扱えます(^^)v





URXⅢを忠実に表現してくれました(^^)v
ドリルドで軽量化され、強度も抜群で完璧なレールですね(^^♪












初期のM16みたいなレシーバーが特徴です(^^)v
シンプルでM4とはまた違う雰囲気ですね。セレクターやボルトストップなどは勿論アンビ。アッパーとロアーの仕上げが微妙に異なるところもカッコイイですよね!!




箱出しではクレーンストックタイプが標準ですが、更にMAGPULなどのシンプルなストックに交換するともっとスリムでコンパクトになります(^^)

最新ロットのSR635!是非どうぞ(╹◡╹)













お知らせ

当店オリジナルのVFC製AKMS(AEG)のウェザリングモデルが売り切れておりましたが、次の新しいロットが完成しました(^^)
お待たせしてしまったお客様にやっとお渡しできそうです。数に限りが御座いますが今の内に是非どうぞ!
税込49800円(ライトチューン済み・送料無料)ご注文はメールかTELにてお願い致しますm(__)m




Daisuke  

Posted by DAISUKE at 20:34Comments(0)