スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

Mk18Mod0 & GLOCK18C(TAN) 【VFC&WE】




今日も二種ですicon01

現在ブログの文章を書いているのは夜の7時を回ったところですが、外からボタボタと大粒の雨が降ってきた様子が音だけで伺えます。まだ外に出ていないので分かりませんが風も強そうですよ。台風17号が大接近中です。今日日中はとっても良い天気で風も穏やかで最高の天気でしたがあれはやっぱり嵐の前の静けさでしたね。このブログを書いている途中でも激しさが増してきました(-_-;)
ニュースを見ても本州を下から上まで通過するみたいで被害も出ている様子。やはり海で波にのまれ男性が亡くなったとさっきのニュースでやっていました。皆さん絶対に危険な場所には行かないで下さいね。屋根の瓦が壊れても見に行かないように。たかが雨漏りで命を落としてはいけません。

明日の関東は朝から天気が回復するみたいなので予定通りSEALsでは交流会が行われそうです。私も明日はバイクの車検やら車の名義変更なんかで往復しなければならないので晴れてくれないと困ります。今週末にハーレーの日本最大イベントが岩手県で開催されるのでそっち関係で少し忙しくなるので雨は困りますが関東は水不足なので今回の雨は恵みの雨です(^_^)

さて
今日はVFCのMk18Mod0のAEGと昨日ご紹介したWEのGLOCK18CのTANカラーモデルです。



















こちらがMk18Mod0。
昨日のはMk18Mod1。同じシリーズみたいに感じますが見た目は全然違いますね(^_^) Mk18Mod1より更に短いモデルです。








初期の頃のレールシステムであるRISなのでフローテーションではありません。実銃ではKNIGHTSのレールカバーが熱で変形する程熱くなる事から現在はフローテーションが主流になっています(^.^) スタンダードなレールはカッコイイですね(*^^)v










レシーバーはAR15刻印のM16A1タイプなのでM4のレシーバーと異なります。グリップも初期のA1タイプなのでフィンガーチャンネル無しです。リブの形状やフレームの一部の形が違います。VFCは細かい部分までこだわって製品化しています(^^)v




LayLax製のVLTORクラブフットを付けてみました。無刻印ですが素材もイイ感じで安かったので買いました(^^)v なかなかイイですよ(^_^)

VFCのMk18Mod0は再入荷中です。是非どうぞm(_ _)m













次に










昨日のGLOCK18Cと全く同じですが色がTANに変わっただけでイメージが全然違います。勿論スライドとアウターはメタルですのでリアルなハンドガンです。刻印もリアルでフルオート可能です(^^)v
再入荷したので是非どうぞm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月30日 Posted by DAISUKE  at 19:55

Mk18 Mod1(FDE) & GLOCK18C(BK) 【VFC&WE】




今日も二種icon22

台風がどんどん近づいているみたいですが今日の東京は風も穏やかでイイ天気でした(^.^)
関東地方は明日の午後から大荒れになるらしいのですが今のところ穏やかなので本当に荒れるの?とちょっと疑うくらいです。明日は日曜日なのでせっかくの休みなのに外で遊べないという方が多いと思いますが大荒れになると危険なので明日は自宅でエアガンのメンテナンスですかね??
ウチのフィールドは雨でも普通にゲームをやる事が当たり前になっているので明日は大荒れの中サバゲをやると思いますが、さすがに風が強かったり雷の危険性があれば中止になる可能性があるので詳しくはフィールへ(^O^) ウチのフィールドへお車で来るかたの多くは京葉道路を使うと思いますがあの高速は大荒れになると突風が凄い事があるのでお車の運転も十分注意してください。


さて今日も昨日と同じVFCのMk18Mod1のFDEモデルをご紹介(^.^)
そしてもう一丁はWEのGLOCK18CのBKモデル(^.^)
どちらも大注目されている人気機種ですのでカッコイイのは間違いないです。
ではどうぞ(^_^)


















こちらがVFCのMk18Mod1のFDEモデル。
ノーマルではないので変更しているパーツもありますが、レールとグリップの色が違うだけで全く違う銃に見えたりします。どちらが好みですか??








やはりDANIEL公認のレプリカで非常にリアルな製品です。精度も良く単体で購入したいのですがメーカーは出してくれません。
ガタつきゼロのしっかりした作りですよ(*^^)v










レシーバーはBKモデルと全く同じCOLT公認のリアルな軍用モデル。グリップの色が違いますね(^^♪




純正はTANカラーのクレーンストックが付いていますが今回は昨日と同じVLTORに変更。個人的に大好きでもっと欲しいのですが最近レプリカで出回っている数が少ないので困ります(・_・;)

VFCのMk18Mod1はBKとFDEの両方が再入荷中ですよ(^O^)
是非どうぞm(_ _)m













次も再入荷です










WE製のGLOCK18CのBKです(^^♪
ウチではおなじみの商品になりましたが再入荷したのでお知らせです(^_^) メタルスライド・メタルアウターでリアル刻印モデル。品質も良く綺麗な作りです。安くてイイ感じの質感で超オススメなハンドガンです。もちろん18Cなのでフルオートも可能です(^_^) 是非どうぞm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月29日 Posted by DAISUKE  at 19:05

Mk18 Mod1 & M9 【VFC&KSC】




今日も2つですface02

台風17号と18号が同時に北東に進んでいるみたいです。東京は18号?の影響なのか夕方から風が強くなってきました。まだ自転車が倒れるくらいですがこれからどんどん強くなってくるのかもしれないですね。18号はどうやら上陸する手前で本州に添って進むみたいですが、17号は予報では九州から本州全域を通過しそうな天気図なので日曜~月曜は東京も大荒れになりそうです。既に沖縄周辺に上陸していますが速度が遅いのでゆっくり進むとなると被害も増しそうなので注意が必要です。木が倒れたり看板が吹っ飛ばされたり土砂災害も心配です。私が台風のニュースを毎回見ていて思うのですが、必ず外の様子を見に行った方が海に流されたり屋根から落ちたりして亡くなるケースが毎回の様な気がします。外の様子は気になりますが危険な場所へは絶対行かないで下さいね。
それともう一つ毎回思うのが傘がオワンになった状態で一生懸命持ちながら風に吹っ飛ばされそうになっている人。あの光景を見ていると、全く意味がなくなった傘を持ってしかもびしょびしょになってる... と毎回思います。開いた傘は余計風の影響を増す効果を発揮して危険なので傘は諦めましょう。台風情報はこまめにチェックして早めの帰宅が一番だと思いますよ(^.^)

さて今日は久しぶりの再入荷となったVFCのMk18Mod1。
しばらくメーカー欠品中だった商品です。そしてもう一つはKSCベースのBERETTA M9です(^.^) BERETTA系は私のブログでは珍しいかもしれません。




















今回はVFCのMk18 Mod1のブラックモデルです(^^♪ AEGですよ。 
アメリカ海兵隊に納入されたモデルはレールとグリップとストックなどがTANカラーのモデルです。渋く決めたい人に人気があるブラックモデルは民間と軍用の両方の雰囲気があってカッコイイですよね(*^^)v








この製品はCOLTとDANIEL両方の正式公認商品なのでアジア圏内のみ販売しているモデルです。
9.5インチのレールが頑丈に固定され、しかもフローティングバレル。実銃は10.3インチのバレル。 フロント周りはほとんどレールなので短い銃ですがアイテムが沢山付けられます(^^♪




ハイダーはスチールのKNIGHTSタイプが標準です。サイレンサーを付けてもカッコイイですよね(^_^)









パーカー色がステキなCOLTのレシーバーも実銃メーカー認証です(^^♪
特に洒落っ気が無いレシーバーですがそこが軍用らしくてカッコイイのです。合成も抜群で表面も頑丈ですよ(^O^)




箱出しはクレーンストックが付いてきますが今回はVLTORのクラブフットタイプをチョイス。あまり見かけないストックですがカッコイイですよ(*^^)v

VFCのMk18Mod1 入荷中です(^_^)













次はハンドガン








KSC製のBERETTA M9のフレームにKWA製のメタルスライドを乗せました。作動を良くするためバレルはKSCのプラを使いました。
リアルな製品なのでこのままでも十分カッコイイです。現在でも米軍で採用されている拳銃ですね。初期は色々な事故があったみたいですが現在かなり改良され使われ続けています。デザインが素晴らしいです(^^♪



日本でも気軽に購入できる実物のアーゴ製ラバーグリップに交換。KSCには無加工で取り付け可能です。実物なのに安くて握りも良く滑りにくくなります。オススメのグリップですよ(^.^)
ではでは。




Daisuke  

2012年09月28日 Posted by DAISUKE  at 19:49

G36C GBB & Hk416 GBB 【VFC&WE】




今日はガスブロ二種ですface02

最初に初心者さんへご説明(^_^)
ここ最近エアガン業界でよく使われる様になった言葉なんですが、それはAEGとGBBの2つ。
最近エアガンに興味を持たれた方にはよく判らない言葉だと思うのでお教え致します。まずAEGはAirsoft Electric Gun。要するに電動ガンの事を略してAEGと言います。そしてGBBはGas Blow Backなのでガスブローバックガンの事をGBBと言います。しかし会話の中ではAEGやGBBと言う人は少なく、電動とガスブロが多いですかね(^_^) 知らないと損する事は少ない情報ですが、エアガンのカタログや私のブログでもよく使う言葉です。電動ガンとは電気の力でピストンを動かし、圧縮した空気で弾を飛ばします。ガスブロ又はガス銃はガスのエネルギーで弾を飛ばします。どちらもメリットとデメリットはありますが、ここ最近の国内&海外の製品の品質は素晴らしいので安定して遊べる商品がかなり多くなりました(^^♪

今日ご紹介する二丁は両方共GBBです(^.^)
G36CはVFC製。
Hk416はWE製で両方共台湾の有名で高評価のメーカーです。愛用者が多いメーカー二社の製品です(^_^)
今日の東京は夕方から結構寒くなってきましたが、そろそろガス銃もあと少しで作動が渋くなってくる季節。ガスの圧力が寒さで下がってしまうので仕方ないですがガスブロなどの作動は病みつきになるので一年中使いたいのが本音です。私もそろそろ完全電動に移行する季節です(^O^)




















G36C自体はAEGでもGBBでも何社か出していますが人気は上位にいるか?となると、ゲーマーだけで見るとまあまあな感じ。決して大人気なモデルではありませんが知名度はかなりあります。G36シリーズは様々なスタイルが存在しますよね(^.^)
こちらはVFC製のG36C。作動が素晴らしいのとキックがガツガツくるので私は大好きです。オプションで2点バーストに変更してクセになったGBBですよ(^^♪






VFC純正オプションパーツのKNIGHTSタイプのアルミ削り出しのフロントレールに交換しています。レールの容量がグンとアップしてしかもスリムになります。アルミですが結構重いですよ(^_^)



こちらもVFCのオプションパーツ。
LLM01ウエポンライトです。LEDライトと配線されていませんがレーザーも内蔵されています(*^^)v








やはりこの銃も近代銃なので外側はほとんどプラスチックです。金属のパーツもありますがオールプラスチックに近いです。なのでGBBは特に本体が軽量ですね(^O^)




プラスチックの折りたたみストック。新型のタイプも見かけますが、私はこちらの方が構えやすいです(^.^)

VFC製G36Cは好評発売中ですよ(^^♪













次は





WE社の作動絶好調なHk416のTANカラーGBBですよ(*^^)v
マーキングもされたモデルで珍しいです。日本で売られているモデルは無刻印が多いのでコダワル方はこちら。でも無刻印は値段が安いので見た目がどうでもイイと言う方にはイイですよ(^O^)






14.5インチモデルのTANカラー。箱出しの状態はレールがガタつく製品が非常に多いですが、基部のネジを増し締めすれば解決します(^^♪ 









少し重めの本体ですが頑丈に出来ていて作動も素晴らしいです。飛びもステキです。
やはりリアル刻印がイイと言う方にはこちらをオススメしたいですね(^.^)




ブッシュマスタータイプのストックが付いてきますが色々な種類に交換できます。
4ポジションなのが残念です(・_・;)

WEの刻印入りHk416は残りあと少しです(^O^)
尖閣の問題で中国・香港・台湾への出張が延期になっているので次の入荷は全く予想できませんので欲しい方はお早めにどうぞ(^^♪





Daisuke  

2012年09月27日 Posted by DAISUKE  at 20:11

AK74 & AK104 【VFC & LCT】




今日も二種類いきますicon06

電動ガンのAKと言えばまず候補に上がるメーカーはマルイ以外でVFCとLCTが多いと思いますが今日はその2社の製品をご紹介致します。イノカツってメーカーも有名でしたが最近はほとんど新製品を出さないのでイノカツのAKはほとんど出まわっていません。イノカツがLCTと名前を変えているとの噂もありますが本当の所は分かりません。 とにかくVFCよりもAK専門でラインナップも豊富なLCTは色々なマニアックな種類も出していますね(*^^)v 数えた事はないですが凄い種類のAKファミリーを製造する台湾のメーカーでGHK社とコラボでガスブロも作っています。VFCは最近やっとAKシリーズの再生産を始めましたがまだ3種類だけなのでLCTにはかないません。しかしカタログ上では前よりかなり減ってはいますが9種類のAKシリーズが存在します。VFCもLCTもたまに限定モデルを急に出したりするメーカーで、AKファンには注目されています(^_^)
両社とも非常にリアルにこだわって製造するメーカーで、素材も実銃とほとんど同じで箱出しの状態でも油がベトベトでステキです。
あと評価の高いメーカーは香港のリアルソード社ですが、56式系とドラグノフのみの生産でマニアック過ぎるチョイスと日本ではあまり出まわっていない事から知名度はそれほどありません。しかしリアルソードの製品も非常に綺麗にできていて素晴らしいですが結構高価です。個人的にはAK47の生産をVFCでもLCTでも願いたいのですが、AK47はほとんどありません。何故なのか謎です(・_・;)



















まずは久しぶりの再販になったVFCのAK74。AK47ではないですよ、AK74です。
これの短くしたモデルがウサマビンラディンが愛用していた通称クリンコフになります。









ウッドが美しいVFCのAKです。フロントは長めで全体のバランスがカッコイイAKです(*^^)v








かなりシンプルなスチールのレシーバーがAKらしさを更に引き立てます(^^♪
リベットなどの細かいパーツも別パーツで構成されているのでリアルですよ(^.^)




実銃と同じ方法の合板で作られた美しい仕上げのウッドストック(*^^)v

VFCのAK74は好評発売中です(^O^)













次は






こちらはLCT製のタクティカルなAK104です。7.62mm仕様ですね(^^♪







タクティカルなAKなのでウッドパーツはありません。レール付きのプラスチックハンドガードになります。AK74に比べかなり短くなったフロント周りですね(^_^)









こちらもスチールのレシーバーでゴツゴツした感じ。非常に良くできていますね(*^^)v




タクティカルなのでM4系のスライドストックに色々交換できます。MAGPULなど流行りのストックも絶対カッコイイですよ(^O^)

LCTのAK104は好評発売中です(^^♪
お気軽にお問い合わせ下さいませ_(._.)_





Daisuke  

2012年09月25日 Posted by DAISUKE  at 20:07

KNIGHT'S SR16 & SIG P226【VFC&MARUI】




今日も二種類いきますicon06

東京は昨日の晩から凄く涼しくなり快適です(^.^)
突然気温がグンと落ちると体が対応できなくて風邪を引いてしまった方も多いのではないでしょうか?
しかし今日は涼しい。エアコンは全く必要ないし動いても汗だくにならないので丁度いい感じです。イライラしないし最高ですよね。これでやっと秋らしい秋になるのでしょうか?これから少しづつ気温が下がって食べる事も楽しくなりますのでやはり今のうちにダイエットを終わらせて正月までガッツリ食べても大丈夫な体にしようと思います(*^^)v
そろそろフィールドも一番忙しい時期になるので週末の千葉はゲーマーで溢れかえってきます。イメージ的に春や夏がサバゲーシーズンと思われがちですがフィールドの毎年の流れをみると秋~年末が一番忙しいのでやはり少し涼しいくらいがゲームには向いているのでしょうかね(^_^) ガスブロがだんだん使えなくなる時期が近づいてきています。今の内ならまだまだ使えるので電動に切り替える前にガスブロで沢山遊ぶ人も多い時期です。これから森の葉っぱはみんな落ちて夜の森は月明かりで照らされるのでナイトゲームも実はこれからが良いシーズン。たまにフィールドで出る豚汁なんかもう最高です(^_^)七味たっぷりで頂くのは本当に幸せ。なのでクドイですが今の内にダイエット頑張ります、と書いて自分に言い聞かせています(*^^)v



















まずは私のブログによく登場するVFCのKNIGHT'S SR16。
元MAGPULのコスタさんが使った事で大人気になったモデルで現在も安定した人気商品です(^^♪







拡張性の高いURXレールを見事にレプリカで作ってくれたVFC。レプリカで一番リアルだと思います。
フリーフローテーションですがガッチリ固定されているのでガタつく事はありません(^O^)











レシーバーもレールもみんな真っ黒に近いです。
色々マークや文字が刻印されていますが黒いので渋くてかっこ良すぎます。キラっと光るボルトカバーはシルバーでオシャレな感じですね。セレクターもKACとKNIGHT'S ARMAMENT CO. のマークが入っています(*^^)v




リア配線なのでクレーンストック内にバッテリーを収納します。取り外しもやりやすく苦労する事はありません(^^♪

VFC KNIGHT'S SR16は好評発売中です(^.^)













次に









MARUIのSIG P226にVFCから発売されているサイレンサーアタッチメント付きのメタルアウターバレルを組み込みました(^.^)
再販ができそうなウチオリジナルの表面仕上げに変更したバレルです。詳しくはまた改めてブログでアップします。
その他は全くのノーマル。X300を付けただけですが随分雰囲気が変わります(*^^)v
是非どうぞ(^_^)





Daisuke  

2012年09月22日 Posted by DAISUKE  at 19:41

Hk416 Version2 & Px4 【VFC&WE】




今日も二種類ですface02

昨日の晩はウチの新人君の歓迎会で会社の皆で集まって居酒屋へ行ってきました。実は今週からダイエットを始めた私にとってかなり辛かった歓迎会でした(ーー;)
食べることが大好きで特に肉料理に目がない自分にとって様々な種類の料理がある居酒屋は大好きなんです。でもダイエット中でイイ感じに体重が減っているので昨日の歓迎会は我慢して豆腐3種類とサラダと刺身少々で何とか空腹を満たしました。隣では大好きなステーキが出てきていたのですが本気で我慢しました(^_^) ここ何日か昼食もソイジョイ3本とヘルシア緑茶で夜は吐きそうになるくらい水泳を続け、たった2日間で2キロ体重を減らせたのであと3キロ頑張りたいと思います。とにかく好き嫌い無く食べ物が大好きな私は、無謀に食べて病気になって食事制限されるのが地獄なのでそうならない為にも少し体重だ増えたらダイエットしてベスト体重と体脂肪を維持しる事にしています。無理なダイエットは危険ですが普段から気をつけていればそれ程大変ではないので1日3食の食事の中で一品だけ減らすなど時間は掛かりますがすこしづつ効果が出てくると思うので是非。暴飲暴食は本当に危険で、サバゲすらできなくなるので皆さんも健康だけは気をつけて下さい(^^♪ 
ちなみにサバゲを毎週やっても痩せない人がほとんどです。あれだけ走り回るのに痩せない理由が知りたいですがとにかく痩せにくいスポーツです(・_・;) まだまだ暑い日が続きますので運動をする時は休みながら十分な水分と食事をして楽しみましょう(^O^)

今日ご紹介するのはVFCの新製品である電動ガンHk416 Version2のセカンドが入荷してきましたのでまたご紹介です。
そしてもう一丁はWEのPx4です(^.^)



















まだまだメーカーの在庫が追いつかない大人気商品の新型Hk416です(^.^)
発注した数が全て来ない状態で分納になっています。旧型と全く同じ部品を8割使ってストックはGBB用をそのまま流用。電動の為新規で制作したのはモーターを内蔵させるグリップくらいです。なので旧型より1万円以上も安くなって購入しやすくなりました。
既に他の国ではHk417も発売されているのでそろそろVFCジャパンからも案内が来ると思われます。年内の可能性が大分強くなりましたね(*^^)v







新型のHk416はインナーバレルが始めから10.5インチに合わせてあるので気軽に14.5と10.5に変更して遊ぶ事が可能です。今回は10.5インチにしてみました(^^♪



SEALチームっぽくハイダーはBE Meyers 5.56mm仕様タイプを(^.^)カッコイイ~(^_^)








従来(旧型)と全く同じ部品がほとんどなので互換性もバッチリです(^^♪
先日ゲーム中に本体をジャリの上に勢い良く落としてしまったのですが、相変わらずのコーティングなのでほとんど傷が付かなかったです。頑丈さもVFCの良い所(^O^)



唯一新規になった部品がこのグリップですね。ガスブロとほぼ同じ太さでリアルですよ(*^^)v




バッテリーの交換がめちゃくちゃ楽な新型ストック。メーカーから専用のニッスイバッテリーも発売されましたが私はリポバッテリーを使用しています。綺麗に収まるので心配ないですよ(^_^)

VFCのHk416 Version2 好評発売中ですので通販などもお気軽にお問い合わせ下さいませ(^^♪













次に










こちらはWE製のPx4ですね(^_^)
やはりメタルスライド・メタルアウターバレルが標準で付いてきます。作動も絶好調でそのまま使える製品です。マガジンなども国産がそのまま使えるので困る事は無さそうですね(^.^) こちらも好評発売中です。是非どうぞ_(._.)_





Daisuke  

2012年09月21日 Posted by DAISUKE  at 19:30

M16 VN & M16A3改A4 (G&P VFC)



今日も二種類ですface02

今回はG&Pから発売されているM16の初期型とVFCのM16A3にレールを付けM16A4にカスタムしたモデルを見比べていきます。
メーカーの違う同士なので比較するにはちょっと違う部分もありますが、ベトナム戦争で使用され80年台のベトナム戦争映画で日本でも爆発的な人気と知名度になったM16系ですね。初期型と現行のモデルの違いを少し比較していきたいと思います(*^^)v
私くらいから上の世代に特に知名度が高く、未だにM16が好きだと言う方も少なくありません。レールなんて存在しない時代の銃と何度も改良されながら進化したM4やM16A4など様々なファミリーが存在します。今ではColt以外にもM4系を製造するメーカーは色々で、Hk416やKNIGHTS SRシリーズなど数えきれない程の種類がありますが今回は基本になったモデルと、似たような長さで現行のモデルを比べてみます(^^)
最近のゲーマーは現用やPMCがほとんどなのでたまにベトナム装備をしている方を見かけると新鮮です。私もベトナムの頃の事は詳しくないですが、BDU一つでも年代で違いがあったりと非常に奥が深い世界なのは確か。M16でも何種類か採用されたらしく細かい違いがあるそうです。G&PのM16VNモデルはフォアードアシストノブが無い初期の頃と思われますが、実は更に初期のモデルも実銃では存在していました。さすがにエアガンでは無いですがそれら歴史を調べるのも楽しいと思います(^.^)
そしてVFCのM16A3ベースでカスタムしたM16A4。現在でも海兵隊で採用されている現用です。長い銃ですが拡張性が高いモデルでファンも多いモデルですね(^O^)















こちらがG&P製のM16VNモデル(^.^)




そしてこちらがVFC製のM16A3改M16A4です(^.^)






M16A4の方が少し長くなっています。
マガジンは双方互換性ありですね(^^)






初期のM16はジャングルでの故障や事故が多く不評だったと何処かに書いてありましたが、メンテナンスを怠った兵士が多かったなんて話もあります。当時はM14など鉄と木で出来た銃が当たり前の時代なのでプラスチックを使ったM16はオモチャっぽいと見た目も不評だったらしいですね^_^










レール無しの初期モデルとレール付きの現行。
実はバレルの太さなんかも全然違います。フロントサイトは同じに見えますが全く違う物で互換性はありません。初期モデルはプラスチックのハンドガードだけ付いているシンプルな作りなので重さも全然違います(^^)



M16VN



M16A4



M16VN



M16A4






レシーバーもぱっと見は同じに見えますが全然違います。やはり互換性が無く全く別物なのかもしれません。
フォアードアシストノブが無いM16VNは非常にシンプルです。その他刻印やリブ、補強など細かい部分が違って探すのも楽しいですよ(^O^)



M16VNのグリップはフィンガーチャンネル無しのシンプルな感じ。



M16A2~M4系まで採用されているフィンガーチャンネルがあるタイプ。通称A2グリップですね^_^






初期モデルと現行モデルの違いがお分かりでしょうか??
やっぱり初期のM16ってシンプルでステキ。ウェザリングした方がもっとかっこ良くなると思います(^.^) AKと並べて飾りたいですね(^^♪




M16VN




M16A4
やはり同じ様に見えるストックも互換性がありません。長さも違いバットストックの形状は全く異なります。最近見かけない固定ストックもやっぱりカッコイイですよね(^O^)

初期と現行の違う部分いくつ発見できましたか?? 実はほとんど違います。
大流行のM4系の基本となったモデル達。さすがに今でも堂々としていてカッコイイですよね(^_^)
ではでは。





Daisuke  

2012年09月20日 Posted by DAISUKE  at 18:41

SCAR-L & AKMS 【VFC】




今日も二種類ですface02

本日再入荷したVFCのSCAR-LのCQCモデルとAKMSのご紹介です(^.^)
まずはSCAR-LのCQCモデル。
現在メーカーで生産していないモデルで、VFCジャパンさんが特別に用意してくれました。カタログから姿を消した後にSCAR-Lは14.5インチモデルのみ生産を続け、CQCモデルは残った在庫のみだったみたいです。最近残りの在庫も切れてしまったので注文時は14.5インチモデルしか無いですとの事でしたがどうしても用意してほしいと頼んだところ何とか用意してくれました(*^^)v
今回入荷したのはブラックモデル。FDEカラーに人気が集中していますがあえてブラックを入れてみました(^^♪ 勿論人気があるだけにFDEカラーは言うことなしにカッコイイですが、高級感のあるブラックはまた違う雰囲気で密かにファンがいらっしゃいますよね(^^)

もう一丁は久々の再生産になったVFCのAKMSですよ(^^♪
何年ぶり?やっとAKの再生産を始めたっぽいですが、今のところAKM・AKMS・AK74の3種類です。クリンコフやPMCなどはまだまだ入手困難なので頑張って欲しいところです。 再生産されたAKは全てブローバックユニットが省略され、メーカーオプション設定となり価格も少し安くなりましたが肝心のメーカーオプションとしたブローバックユニット自体の販売は現在していないみたいです。でもAK自体の品質は今までと同じく素晴らしいのでオススメなAKですよ(^O^)




















バレルがギリギリまで短くされたCQCモデルです(^^♪
短めの銃が人気の傾向があるので流行りのスタイルなんですね。バランスも良いので確かにカッコイイですが14.5インチモデルもまた魅力がありますよ(*^^)v







実弾では16インチしか撃った事がないのですが、CQCモデルの実弾はどんな反動なんでしょうか?気になります。
インドアでの取り回しを考えると一番動きやすいSCARですね(^^)








米軍に正式採用されなかった事から、エアガンでも人気が出たのはかなりの時間が経過してからでした。Hk416もそうですが新しいスタイルでなかなか受け入れられなかったのも事実です。エアガン化されて数年した後の結構最近人気が出た銃ですよね(^.^)
SCARもやはりプラスチックを多用した現代の銃です(^^)




ユーザーの受け入れに時間が掛かった要素の一つと思われる独特のストック。ブーツみたいなんて言われてましたが見慣れた現在は何とも思いません。複雑な構造なので分解に苦労します。M4系と同じストックでも良かったのでは?とたまに思ったりしますがSCARの顔の一部なのでこれはこれでイイと思いますね(^^♪

VFCのSCARシリーズ好評発売中です(*^^)v













次に








ワルが使うイメージの強いAKですが、そのAKシリーズでもトップクラスの人気者であるAKMのショートモデル。AKMSです(*^^)v
スチールでできたストックを独特の方式で折りたたむ事ができるモデルです(^.^)






フロント周りはAKMと全く同じ。
現在はレールなどに変更してタクティカルなAKにするのが流行っていますがノーマルのウッドのままのAKもやはりカッコイイですよね(^^) ウェザリングを施せばそれで完成です(^^♪ フルスチールなのでイイ感じの雰囲気になりますよ(^O^)






サイドスコープマウントが無いシンプルなスチールのレシーバーは正に本物って感じです。VFCのAKはつや消しが強く”鉄”って感じが素晴らしいですよ(*^^)v




実物もグリップはウッドではなくベークライトなんですが、VFCはプラスチックでベークライト風にしています。ちょっと残念な質感ですが別売りのごげ茶のグリップやLCT製も付けられるので交換する人も多いです(^^)

このAKMSはライトチューン済みでの販売となるため現在準備中ですが近日発売となりますのでご予約も可能ですよ(^^)
是非どうぞm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月19日 Posted by DAISUKE  at 20:08

KNIGHTS PDW & GLOCK17 Gen3 【VFC&WE】




今日も二種類ですface02

まずはVFCのKNIGHTS PDW。
発売された当時は非常に新鮮な新しいスタイルで一瞬で店頭から姿を消しましたが現在でもメーカー品薄状態は続き時々メーカー欠品中が数ヶ月も続く事がある人気者です(^.^)
一番最初VFCからはバレルレングスが選べるDXセットから発売されました。バッテリーケースやフォアグリップ、レールカバーなど色々セットになった事で金額もそれなりに高くなってしまったので現在はSTDモデルとして8インチモデルと10インチモデルも加わってチョイスできる売り方になっています。STDモデルは安くなった分、小物パーツがほとんど付属していないので本体だけ購入したい方にはオススメできます。DXモデルは色々細かいパーツが入っていて箱を開ける楽しみがあるので結局DXモデルを買うユーザーさんも多いですね(^_^) KNIGHTSの色を徹底的にこだわって電動ガン化したVFCですがさすがの仕上げで本当に満足する一丁です。相当気合を入れて作ったのが伺えます。いつも思うのですが、VFCの商品開発のスタッフさんって絶対KNIGHTSが好きなんだろうな~と思います。カタログの作りもどこかKNIGHTSっぽくてカッコイイですからね(^O^) だから早くSR25辺り開発してほしいと願っております。

そしてもう一丁はWEのGLOCK17 Gen3
昨日・一昨日とGen4をご紹介しましたが、今日は一番スタンダードで一番馴染みのある普通のGLOCKですね(^.^) やはり見慣れたスタイルはいつ見てもカッコイイです(*^^)v




















小型で取り回しが最高です。実際はヘリや戦車などの狭い中での取り回しを前提に考えられたらしく、結果インドアやブッシュの中でも引っ掛かりが少なくなっています(^.^) ストックを畳むと更に小型になりますね^_^









小型なので仕方ないですが、写真の様にライトなどを付けた場合グリップを付けられるスペースが限られてしまいますのでパーツをセットする時は結構悩みます。レールの容量がもう少しあったら良かったですね。











個人的にこの銃で一番気に入っている部分がレシーバーの出来です(*^^)v
刻印がものすごく綺麗でしかもカッコイイのには見とれてしまいます。他にも細かいこだわりが有り、妥協を一切感じないVFCの力作ではないでしょうか?




長さ調整はできませんが十分使い易いストックです。軽くて頑丈でイイ感じですよ(^O^)

暫く入荷ありませんでしたが、やっと再入荷しております。是非どうぞ(^.^)













次に










こちらはWEの製品です(^^)
ご覧の通り、一番普通のGLOCKです。現在でもやっぱり人気で無難な一丁ですね(^^)
このモデルもスライドとアウターがメタルでリアル刻印です。ブラックが強めのカラーリングで高級感があります(^^♪
やはりスタンダード!と言う方には是非オススメしたい一丁ですよ(*^^)v
ではでは。





Daisuke  

2012年09月16日 Posted by DAISUKE  at 18:42

MP7A1&GLOCK17 Gen4 【KWA&WE】




今日も二種類ですface02

先日KSCからやっと再販されたGBBのMP7A1。限定なのか初回のロットはマガジンが2本付属していましたね。あれは非常にお得だと思います。MP7の予備マガジンは1年近くメーカーで在庫がなく、某オークションでは定価より高く取引されていた時期もありました。海外のショップですら在庫が消えたと噂があり入手が大変でしたね。平均一人何本所有しているのか知りたくなりますが、やっと普通に買えるみたいです。私もKSCのMP7はお気に入りのガス銃でゲームで使う回数も多く、作動の信頼性は抜群です。
今回ご紹介するMP7は台湾KSCと呼ばれている台湾のKWA製。KSCのMP7とほとんど一緒の互換性ですが色々細かい部分の材料が違うなどの違いがありリアリティを求めるユーザーに注目されているモデルです(^^)
KWAのMP7はHkのUmarex公認商品なのでパッケージもHkの指定した箱に入っています。シリアルナンバーも全て入っているので何処の国で販売された物なのか分かるようになっているらしいです。
まだまだガスブロが絶好調な時期なのでガスブロをメインでゲームもできますし少し涼しくなったくらいがゲームには最適なので調度良い季節はこれからです。KSCのMP7は真冬でも作動してしまう性能なので一年中遊べますけどね(^^)v
そろそろマルイから発売されるMP7も気になります。小型でかっこ良くて使える一丁ですよ^_^





















小型ですがKSCとKWAのMP7は結構重いです。特にKWAはKSCの1.3倍ほど重いのでズッシリきますね^_^
独特のデザインはさすがHk。カッコイイので人気があるのは納得です(^^♪






折りたたみ式のフォアグリップは細身で邪魔にならないデザイン。個人的にはTP9の様にフォアグリップが無くレールが付いたモデルも出してほしいです。グリップを色々付け替えて楽しみたいです。 昨日ご紹介したM720VのFDEカラーを今回は付けてみました。カッコイイ(^o^)








このMP7も近代銃なのでMP9と同じくボディのほとんどがプラスチック。内部に金属のシャーシーが入った構造ですね^_^
リアルなモデルは見ているだけで癒されます。Hkってさすがです(^_^)




このクラスのストックは長さ調整が出来ない機種がほとんどですが誰でもイイ感じになる調度良い長さにしてあります。非常にシンプルなデザインですが十分なサイティングが可能ですよ(^.^)

リアルな一丁をお探しの方は是非どうぞ(*^^)v













次に










昨日ご紹介したWEの最新作GLOCK17のGen4モデルの今日はTANカラーです(*^^)v
ブラックモデルと同じくスライドとアウターがメタルでリアル刻印モデルです。バックストラップも2種類付属して好みに合わせて調整可能です。Gen3より少しグリップが細くなって更に握り易くなりました。新しいデザインは新鮮ですね(^.^) 少量入荷ですよ(^O^)
ではでは。




Daisuke  

2012年09月15日 Posted by DAISUKE  at 19:33

SCAR-H & GLOCK17 Gen4(VFC&WE)




今日はライフルとハンドガンの二種類ですface02

マルイからSCARが発売され、現在ではSCAR-LとSCAR-Hの両方が入手可能でBKモデルとFDEモデルの両方があります。
まだ新製品ですが発売して落ち着いた頃でもあるのですが、マルイ製SCARは現在でも品薄でメーカーの生産が間に合っていないみたいです。最新のリコイルショック搭載の大人気機種ですが複雑な構造とメンテナンスのし難さもあり内部のカスタムには苦労する人も多く元に戻せないなんて話も聞きます。リコイルショック搭載モデルはどれも複雑な内部構造なのでカスタムは慎重に^_^
一方VFCのSCARはリコイルショックやブローバック機構は無いものの、シンプルな内部構造とピン一本でテイクダウン可能な点でメンテナンス性や気軽にカスタムできるモデルです。VFCのSCARシリーズはSCAR-LのSTDとCQCモデルが各BKとFDEモデルがあり、SCAR-HはDXモデルとSTDモデルとSSRモデルが発売されています。
2012年のVFCカタログからは完全に姿を消してしまったSCARですが現在でも入手可能でこちらの商品も大人気です。耐久性の高さやリアルさで注目されるモデルとなっています(^O^)




















なんか最近よく見かけるSCARですが私のブログでは久しぶりな感じがします。
奥の方に保管されていたVFCのSCAR-Hを出してみました(^^) やはりボリュームがある本体は迫力がありますね(^^♪






ボリュームがある本体ですがフロントは意外に短くて取り回ししやすくなっています^_^



新入荷したレプリカのM720VウエポンライトはLEDで十分な明るさがあります。スイッチが色々付いていますがレプリカなので色々ダミーです(ーー;) でもスタイルがカッコイイし明るいのでオススメできますよ(^O^)



7.62仕様のB.E. Meyersハイダーを付けてみました。5.56仕様もあるのですが7.62仕様はかなり大型のハイダーです(^^)








やはりSCARシリーズもプラスチックを多用した現代の武器で至る所にプラスチックが使われています。VFCのSCARはファイバー樹脂をちゃんと使っているのでABSのようなテカリがなく練り物の模様が確認できますね(^^♪ リアルさで見ればVFCが上かもしれません。




折りたたみストックもプラスチック多用で結構複雑な構造をしています。色々調整可能でバッテリーも内蔵できるのでいいのですが構えた時にシックリこない人もいるので購入の際はよく確認した方がいいですよ^_^

VFCのSCARは好評発売中です(^^)v













次は










WEの最新作GLOCK17のGen4モデルです(^^♪
ノーマルでメタルスライドとメタルアウターバレルでリアル刻印なので素晴らしい一丁です。値段も1万円台と非常にお得なのでオススメです。少量再入荷したので是非どうぞ(^^)
ではでは。




Daisuke  

2012年09月14日 Posted by DAISUKE  at 20:33

B&Y TP9 & SIG SP2022【KWA】




今日は2種類をご紹介ですface02

台湾KWAの人気機種のTP9とSP2022です(^_^)
TP9は超小型のサブマシンガン。
実銃でもボディの外側はほとんどプラスチックでできた現代の銃で、ストックやアッパーのカバーまでもがプラスチック。安価で軽くサビることなく丈夫なので近代の銃はプラスチックが多用されています。最近はMASADAなど大きめの銃でもプラスチックが多用されており、軍用のライフルなどのパーツ類もかなり多くプラスチックパーツが目立ちますね。同じ部類に入る大人気のMP7なども外側はほとんどプラスチックです(^^)
そして、次にご紹介するSIG SP2022もGLOCKなどと同じくプラスチックを多用した拳銃です。FN 5-7のようなスライドまでプラスチックで覆われたモデルも存在しますが、GLOCKやSIG、USPなどフレームがプラスチックでスライドが金属の組み合わせが現在主流になっています。もちろんガバメントのようなほとんど金属でできた拳銃も相変わらず人気がありますが、実銃メーカーから毎年発表される拳銃のほとんどが半分金属、半分プラスチックが最近の流れですね(^^)





















こちらがTP9です。フォアグリップが省略され、代わりにレールに変更されたモデルです^_^
フォアグリップが一体成型されたモデルはMP9。フォアグリップもレールもストックも無いモデルがTPPですね(^.^)





MAGPULのRVGグリップを付けましたが、その他のグリップで横幅がある物はストックの折りたたみ時のロックが使えなくなるので位置とグリップの太さを考えなければなりません。ハイダーは大きめのラッパ形状なのでノーマルでも結構イイ感じのボリュームですよ(^^♪







銃右側とトップにレールが付いているのでカスタムも楽しめます。レールは金属なのでガッチリ固定可能ですよ(^^)



ストックもプラスチック。さすがにこの形状なので力を加えればたわみますが通常使用には十分な強度があり安心です^_^

現在TANカラーとBKカラーが在庫ありますので是非どうぞ(*^_^*)












次に










こちらもKWAのSIG SP2022。
個人的に大のお気に入りな銃で非常に出来がイイ一丁です(^^♪ スライドがアルミでフレームがプラスチック(ファイバー)です。
作動も完璧で調整する必要がありませんね(^^) Vショーで完売した程人気だったのでまた少し入荷しました。是非一丁どうぞ^_^
ではでは。




Daisuke  

2012年09月13日 Posted by DAISUKE  at 20:49

SR16 Custom 【VFC】




今日はVFCのカスタムモデルですface02

先日ちょっと福島の南相馬に用事があったので行ってきました。
千葉や茨城の被災地は行った事がありますが、想像を絶する甚大な被災をした地に自分の足で立ったのは初めてでした。行きは常磐道で途中から下道で行く予定でしたが、かなりの迂回をしないと南相馬に行けないとの情報が事前に地元から届き、結局東北道で行く事に。とにかく暑い日でしたが交通量も少なく渋滞はほぼゼロで東北道の二本松で降り下道で南相馬市へ向かったのです。途中通過する町の飯舘村など現在住民が住んではいけない事になっている所は人が全く居ない状態で田んぼも道も雑草だらけで非常に違和感のある町でした。要するにゴーストタウンな訳で、あんなに良い所が住めなくなるなんて本当に悲しくなる思いがありました。実際は放射能など人間には見えないしニオイもなく何か肌に感じる事もないのですが、放射能マップをみるとその地域は特に線量の強い地域だそうで原発から20キロ以上離れた地域にこれほどの影響を及ぼすとは恐ろしい物だと感じました。なので立入禁止になっている地域なんかもっと酷い事になっていると思われ何とも言えない気持ちにさせられました。そんな気持ちになった自分を笑顔で肩を叩いてくれた地元の方には頭が下がります。そもそも自分が元気を届けようと思ったのに逆に元気を頂いてしまいました_(._.)_ また来年。必ず元気を届けに行かせて頂きます(*^^)v

さて
今日はVFCの純正パーツを使って作ったウチオリジナルの一丁をご紹介します(^_^)
SR16ベースのSPRのフロントと11インチのオプションアウターバレルを使った組み合わせで有りそうでなかったスタイルです。
特別なパーツは使っていませんので誰でも楽しめる内容です。この様に自分だけの一丁を作る楽しみは自宅でビールを飲みながら好きな映画をかかてなんてくつろぎの時に楽しめるのでハマっている方も多いです(^^♪
みんなと同じじゃヤダ!なんて方にオススメなカスタムです(^O^)



















どうでしょうか?このスタイル。
違和感は無いと思います(^_^) レールがSPRなのでボリューム満点です(^^♪








アウターバレルはVFC純正オプションパーツの11インチです。短すぎず長すぎずでかなり検討しました。ガスブロックはノベスケですね。まだ製作中なのでガスチューブなどは入っていませんが問題なく収まります。バイポッドなど付けてもカッコイイですね(*^^)v









レシーバーはSR16。
コンバットマスターなどと同じなのでアンビですね(^_^) KNIGHTSのレシーバーとレールなので相性もバッチリです。こんなスタイルも有りではないでしょうか???




こちらは現在の白っちゃけてしまったロットの前のモデルで、VFC純正のクレーンストックです。やはり前はイイ感じの質感で全く問題ありませんね。この感じに是非戻して欲しいです(^O^)

こんな混ぜてカスタムした銃も作れますのでお気軽にご相談下さいませ(^_^)













オマケ

こちらが福島の南相馬の海岸です。
10m近くある防波堤が簡単に破壊されています。テトラポットなども全て流され全く意味がなかったと思う程水の力は凄まじいと実感しました。この海岸線から数キロの陸地は全て田んぼや建物が破壊され何も残っていません。私は手を合わせる事しかできませんでした。そして復興だなんだと軽率に口にする事ではないと思いました。また必ず行かせて頂きますm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月12日 Posted by DAISUKE  at 20:27

M4 SOPMOD 【VFC】




今日はスタンダードな一丁ですface02

VFCレジェンドシリーズの鉄板商品、M4 SOPMODです(^_^)
米軍現用のスタンダードなM4の中で一番人気があり間違いないスタイルはマルイの次世代からその他のメーカーまで様々存在しますがVFCのM4 SOPMODも人気が高いモデルです。
マルイ次世代のM4 SOPMODがやはり一番人気なのは確かです(^_^) 電動ガンでありながらリコイルショックやブローバックなどの機構が楽しさを演出してくれてしかも国産なので安心できますね。
しかし遊んでいくうちにリアリティを求めたり、社外のカスタムパーツを付けたりとカスタムの病に陥るとさすがのマルイ製でも対応しきれなくなってくる事も事実で、バッテリーを変えたり、リアルサイズのレールやバレルに交換したりストックを変更したりと加工しないと付かないなんて事も多く苦労している人も沢山います。特に実物パーツはポン付けできない事が多く、そうなってくるとリアルな寸法で作れれているVFCの電動ガンやガスブロに移行する人も少なくありません。そんな方にまず注目されるVFCのM4 SOPMODはスタンダードですがレジェンドシリーズの基本となるスタイルでクオリティの高さが人気です(^^♪
見た目の形自体は普通と言われれば普通ですが飽きのこない超有名な銃ですよね(^O^)



















映画やゲームで一番多く登場するM4なので不動の人気ですね(*^^)v
PEQ-2を久しぶりに付けましたがやっぱりカッコイイです。大きさがあるのでレール上面をほとんど占領していますがコレはそれでいいのです。
現在でも沢山米軍現用で使われています(^_^)








RASはVFC製のレプリカではなくKNIGHTSの実物です。全く問題なくポン付け可能でガタつきも一切ありません(*^^)v



VFCのオプションパーツである14.5インチのスチールアウターバレルはここ数カ月メーカー欠品中です。残念。










マルイの次世代M4はほぼ真っ黒ですが、VFCのM4 SOPMODもかなり濃い色でぱっと見は真っ黒に見えますが若干のグレー色です(^^♪ 色ハゲしにくい頑丈な皮膜がVFCの売りでもあります(^_^) 刻印も綺麗で一丁一丁シリアルNoも入り電動ガンでも極力リアルサイズに近づけて作られています。マルイ従来のM4マガジンはかなりキツく押し込まないと入りません。純正がオススメです(^^)




やはり最近のロットはクレーンストックが白っちゃけていて残念です。刻印入りと無しが存在しますが最近は無しが多いですね。
この辺の材料は旧型と変わった可能性があります。リアルだけに改善してもらいたいところです(^^)


お知らせ
明日8日と9日はメンテナンスのため工房へのご来店はできませんのでご注意下さいませm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月07日 Posted by DAISUKE  at 18:28

AK104 PMC 【VFC/Limited Edition】




今日は久しぶりのAKですface02

VFCが限定発売して話題になったAK104 PMC。
当時国内に入ってきたのはたったの100丁で、予約の段階で完売した人気者です。
去年までのVFCカタログにはLimited Editionとして載っていましたが、2012年のカタログからは去ってしまいました。再生産の予定は全くありませんが、突然このような特別仕様の製品を販売することが多いメーカーなので見逃せませんね(^^)
最近AKMやAK74と一部のAKシリーズを再生産したので今後はまたタクティカルなAKを再販する可能性がありテンションが上がります。特にPMCやクリンコフのSOCOMなどはファンが多いので是非再販してほしいですね(^^♪
しかし今年のVFCカタログではAKシリーズのラインナップが少し減ったので残念ですが、その分HkシリーズをUmarexの認証と共にガンガン出してきているのでそれはそれで楽しみです。Hk416のセカンドがそろそろ入荷すると思われますが、その後にHk416Cや417と続々と発売されるので年末にかけて非常に楽しみです(*^^)v UMPのガスブロもあった。あれも楽しみですね~(^_^)



















非常にツボなバランスをしたカッコイイAKですね(*^^)v
ベースはAKMなのでノーマル自体も人気があります(^^)






フロントにはボリューム少なめの4面レールが有りますがアイテムを付け過ぎるとフロントヘビーになります。
最小限のパーツでも十分カッコイイので問題有りませんね(^^♪



私の104はファントムハイダーを付けていますが、ノーマルはSCAR-HのAAC 3PLUNGハイダーが標準装備です。少し長いハイダーですね(^^)










ほとんどがスチールのパーツで構成されていてリアルさでも評価の高いVFC製AKです。ベースはAKMでサイドスコープマウントもあるのでリアにレールやスコープなどもオプションでマウントできます。マガジンの着脱もコツさえつかめば問題なくゲームで思いっきり遊ぶ事も可能です(*^^)v 品質もかなりイイですよ(^O^)




旬なのでHkのストックを付けてみました。ノーマルはクレーンストックですがあれもすっきりしていて十分カッコイイです(^^♪
その他にVLTORやMAGPULなど何でもかっこ良く付くので色々交換して楽しめますね(*^^)v

VFCのAK104は入手できないですが、AKM・AKMS・AK74は再販したので興味のある方は是非どうぞm(_ _)m
ではでは。




Daisuke  

2012年09月05日 Posted by DAISUKE  at 20:40

SR-635 FDE 【VFC】




今日は久々入荷のSR-635ですface02

やっと再入荷したVFCのSR-635。今回ご紹介するのはFDEカラーのモデルです。FDEカラーと言っても本体はブラックモデルと全く同じ。レールカバーやストック、グリップなどプラパーツをFDEカラーに変更したモデルで基本は同じです。
コンパクトで迫力のあるスタイルなので人気が安定しており、通常のM4系とちょっと違う部分もあり珍しい最新機種ですね(^O^)
レールもURXⅡが表現され頑丈でありながら非常に軽量になりレールはプラ?と思える程取り回しが良くゲーマーにも人気があります。スタイルもかっこ良く女性のオーナーも多いですね(^^♪
M4より小型でPDWより少し大きい中間サイズ。でもレシーバーやレールが渋い真っ黒な色をしているので迫力もありカスタムの方向性も様々でさすが最新のモデルといった感じです(^_^)
ここ暫く、VFCジャパンで在庫切れ状態だったので困っていましたが、再生産されやっと国内に入荷してきました。やはり余るほど生産するメーカーではないので在庫が有る今のうちに買っておく事をオススメ致します(^^)



















サイレンサーを付けてもこんなにコンパクト(^^♪
バランスも良くてカッコイイですね(*^^)v








このサイレンサーはVFCの純正パーツ。本来はKNIGHTSのPDWのDXセットに付いてくるサイレンサーですが勿論ボルトオン。
表記6mm弾なのでリアルではないですが取り付け可能です。5.56mm使用のSOCOMサプレッサーなども存在します(^_^)












BKモデルはPDWと同じ黒いショートグリップ(モーターグリップ)が標準ですが、FDEモデルはA2グリップが付いてきます。
細かい部分がM4と違い、この銃の魅力でもあります。何処が違うか判りますか???





CTRストックが標準で付いてきます。BKモデルはクレーンストックですね(^^)
MAGPUL PTSのちゃんとしたストックですがロック機能が無いタイプですね。

一応在庫は確保しましたが数が少ないのでお早めにどうぞm(_ _)m













オマケ

先日2日に開催されたVショーが無事終わりました(^^♪
当日天気が良くなかったのと、上野で大阪のファーストさんがオープンイベントをやっていたので今回Vショーの来場者数は前回より700人も少ない1800人でしたが、全然盛り上がっていましたね(*^^)v
実際、今日は少ないなあ~なんて全く思わない程忙しかったのであっという間に終わってしまいました(^^) それと私のブログをいつも見てくださっているお客様がわざわざご挨拶に来てくれて本当に嬉しかったです。やってて良かったなあ~と思いました(^_^)
今年はまだまだイベント沢山ですのでまた宜しくお願い致します(^^)
ありがとうございましたm(_ _)m






Daisuke  

2012年09月04日 Posted by DAISUKE  at 20:17

Hk416 Custom 【VFC】




今日もHk416ですface02

先日マイナーチェンジして再販されたVFCのHk416。大人気ですし私個人も大好きなので何度でもご紹介します^^
旧型はDXモデルとSTDモデルがあり、STDはHkノーマルとクレーンストックが付いた米軍仕様もあり、10.5インチと14.5インチSTDは5種類。DXは1種類の計6種類が存在しました。今回は10.5インチと14.5インチの両方が楽しめる仕様になり、DXのようにバッテリーケースやフォアグリップなどの付属パーツを無くし、旧型のHk416のパーツをほとんど使っているのでコストが安くなり値段も旧型より10000円近く安くなりました。今後Hk416CとHk417のラインナップが決定しており、さらにGBBではUMPの発売が決まったみたいです。海外では既に出回っている?のかYouTubeなどで作動の映像が見られます。個人の希望としてはUMPまで全部発売が完了したら今度はまたKNIGHT'S系のラインナップを増やしてほしいですね。VFCはまだSR-25系を開発していないですからね。それからM60シリーズの再販とM249やMk46、M240などのLMGを充実させてくれたら最高です。M60やMINIMIのGBBとか作ったら売れると思います^^
日曜日辺りから千葉のフィールドでの使用率が増えると予想されるVFCの最新Hk416をご紹介していきます^0^




















とりあえず間に合わせで外装カスタムしましたがビシッと決まったのでこのまま使う事にします^^
銃の重さがかなり増しましたがバランスも良く、色のバランスもお気に入りです^0^







PEQ系をレールのサイドに付けるのがあまり好きではないのでトップに乗せる訳ですが、PEQ-15だとかさばるのでDBAL-A2にしました。LARUEのフォアグリップも非常に握りやすく気に入っています^^



こんな感じで10.5と14.5を簡単に楽しめます^^ スチールのアウターバレルでリアルですね^0^



特別なパーツは付いていませんがこれだけで結構派手になったのでこの辺でやめておきます^^












旧型をそのまま使ったレシーバーはアンビセレクターにする場合はロアーレシーバーの内側を削らないとダメだと判明しましたので後日挑戦することにします^0^v




MAGPUL系のパーツとも相性がいいので細かいパーツでお洒落にするのが好みです^^

当店はこの416は売り切れてしまいましたが他のお店はどうなんでしょう?明日のVショーに持っていく予定だったのですが一丁もありません。急遽他のレアな長物と拳銃系を充実させます^^
ちなみに次の入荷するHk416は大体の納期がわかっているのでご予約も可能です^^是非どうぞm(__)m












お知らせ

明日はコイツでVショーに出店です^^
会場に乗り入れできませんがウチはイベントにいつもこれで行きます。大阪もこれで商品を運びました^^
目立つ看板でたまにアキバを走っています^0^ しかし毎日走っていないので見かけたらレアかもしれません。
それでは明日は浜松町のVショーでお会いいしましょう!!!!!
ではでは。




Daisuke  

2012年09月01日 Posted by DAISUKE  at 20:32