2011年10月28日

VFC SR-15E3 BLASTER(SR-16CombatMaster TAN)



昨日のVFC SR-15E3 BLASTERの続きですface02

入荷したばかりなので詳細をなるべく多くお伝えしたいと思い、今日はSR-15E3 BLASTER(SR-16CombatMaster)に一般的な外装パーツを付けてみます。全体のバランスがより解りやすくなると思いますので現在検討中の方にはじっくり見て頂きたいと思います。
特に特殊なアイテムはありませんのでスタンダードなスタイルですがVFCのTANカラーはかなり落ち着いた色で、FDEカラーに近いため社外品のTANカラーパーツとの色合いの参考になれば幸いです。個々のメーカーによってTANカラーでも全然違う色が沢山存在するので全て同じTANカラーで揃えるのは意外に難しいですよね。
VFC初のオールTANカラーM4系は予想以上の出来に私は昨日から興奮していますがなかなか写真で質感をお伝え出来ないのが悔しいです。そんな最高なKNIGHT'Sを今日もじっくりチェックしてくださいね^_^

















昨日は販売時のノーマルでしたが、今日は少しだけ社外パーツを追加してスタンダードなスタイルにしてみました。
カスタムチョイスの参考になれば嬉しいです(^^)

追加したパーツは
・ノーブランド(一般的に通販などで売られているタイプ)Eo-tech553タイプダットサイト
・ELEMENT LaRueタイプフォアグリップ
・VANALAS PEQ-15バッテリーケース(耐久性が弱い製品ですがVFCより実物に近い色です)
・MAGPUL PTS 120連P-MAG
・SEALs KNIGHT'Sインコネルタイプ焼入れハイダー





VFCの付属KNIGHT'SタイプレールカバーはKNIGHT'Sの刻印が入っていませんが実物の色に一番近いです(^^)




上がノーマルKNIGHT'S 05タイプハイダー
下がうちオリジナルのKNIGHT'Sインコネルタイプ焼入れハイダー




URXレールは専用特殊工具が無いと着脱できませんが、今まで実物工具は高すぎるしG&Pの工具でも8000円くらいしてたと思うのでめったに使わない工具で買う人少なかったかもしれません。しかもG&Pの工具は生金なので使い物にならない場合もありました。でもご安心下さい。VFCはSR-15E3と同時にURX用専用工具を発売しました^_^しかも定価が3150円(^^)
これで皆さん気軽にURXを着脱できますね(*^^)v









KNIGHT'Sの新型レシーバーなのでセレクター・ボルトキャッチ・マガジンキャッチがアンビでもちろんライブ。
ストックパイプ基部近くにはスリングアダプターが左右両側にあるので右利きでも左利きでも全く問題ありません(^^)
刻印もボディーの仕上げももちろん素晴らしいですが、全体をコーティングしているガンコートの耐久性がハンパないので簡単に剥げたり傷が付いたりテカったりしません。コーティングもVFCがNo1ではないでしょうか??



MAGPULのストックとの相性もいいのでカスタムが多い部分。ノーマルのクレーンストックは中にバッテリーが入れられるタイプです。今では何故かリポ仕様なんて言われてるみたいですが前から何も変わってないと思います。元々VFCの配線はそれなりのいい素材なので問題ありませんよ(^^)旧型はモーターの性能が良くなかったですが最近のモデルはかなり良くなりました。



日本仕様のためテンションが弱く短めのスプリングが入っていますがメカボックスやギアは強化品がノーマルで入っていますのでカスタムにも適した電動ガンです(^^)
SEALsでは本体ご購入の方のみ特別価格で初期調整を行なっていますので調整に自信のない方はお気軽にお申し付け下さいませ(^^)内部のカスタムや外装カスタムもお見積もり致しますので是非宜しくお願い致します(*^^)v


・VFC SR-15E3 BLASTER初回限定セット 税込49800円 です。既に残り少ないのでお早めに^_^

通販の場合は事前お振込み・ヤマト代引もご利用頂けます。


ちなみに昨日ご紹介したVFCのMP5用NAVYハイダーは本日の午前中で完売してしまいました。再発注しますが有るかどうか??相当お詳しい方の情報ですとここまでリアルなNAVYハイダーは業界初みたいです。確かに今までの製品とは別物でした^_^
















オマケ


VFCのTANカラーが好き過ぎて現在カスタム中の私のハーレーも全く同じ色にペイントしてもらいました(^^)
テーマはKNIGHT'Sっぽいハーレー。ここまでくると病ですね(・・;
でもいい色しています。古いアメ車とかにも合いそうですよ。今後はステンシルなどでミリタリーな感じに仕上げていく予定です。

さて
もう一つお知らせがあります。
急に決定したのですが、今度の日曜日はUNIONさんのサバフリに出店することになりました!
Vショーと同じく色々な商品を持っていく予定ですので是非お越しくださいませ。XCRとSR-15E3も持っていけたらと考えておりますので現物を是非確かめて下さいね(^^)UNION BASEでお待ちしております!!!
ではでは。






Daisuke


  

Posted by DAISUKE at 21:32Comments(0)

2011年10月27日

またまた新製品情報



今日もVFCの新製品情報ですface02

待ちに待ったVFCのSR-16 コンバットマスターTANカラーが入荷しました(^^)
正式名称はSR-15E3 BLASTERですが先行販売したブラックのコンバットマスターと全く同じです。
発表から非常に注目されいつ発売になるのか約11ヶ月も待ちました。企画倒れかな?と思っていましたが、本国のカタログにも掲載されていたので私はず~っと待っていました(^^)やっと来たので本当に嬉しいです(*^^)v
今回のセットは初回限定発売でグレネードランチャーとガンケースがセットになったお買い得商品。先行発売のブラックのコンバットマスターもそうでしたが、ガンケース付きは初回のみ。今後は値段据え置きのガンケース無しになるので見逃したら絶対損です。ちなみにガンケースは買うと6000円します。
既に初回限定セットは各ショップさんへ回ってしまったので店頭で見かけたら買いですよ^_^
再入荷はありません。悩んでいる間に無くなると思いますので購入を希望される方はマズ品物を確保してしまいましょう(^^)
SEALsでも若干数確保してありますのでお早めに(*^^)v

















VFCのTANカラーはマジヤバいっす!色のコダワリは一番では?と思います。安っぽさが全くありませんよ^_^






なぜかEGLMがセットになっています(・・;何故セット売りになったか本当の理由を知っていますが・・・内緒です。
マルイさんのSCARにも取り付け可能なので持っていても大丈夫です(*^^)v
EGLMを付けるためにアンダーレールが二種類付属しています^_^





EGLMを外して付属のアンダーレールを付ければ普通のSR-16になります。コンバットマスターと全く一緒です(*^^)vお好みで遊べます。








やっぱりカッコイイですよね!
MAGPULのコスタ氏が愛用しているSR-16のTANカラーバージョン。本物も高級な銃ですがエアガンも高級感たっぷりですよ。














マジヤバいっすよこの質感。
刻印ももちろん綺麗ですがカラーがなんとも言えない超カッコイイ色なんです^_^



いつものクレーンストックもかっこ良く見えますよ(*^^)v








セット内容はこんな感じです。
ガンケースもTANカラーでKNIGHT'Sから納入されたみたいな雰囲気ですよね^_^
クドイですがこのセットは初回限定ですので見逃したらOUTですよ!
ご質問などもお気軽にお問い合わせ頂ければ詳細をお教え致しますので是非ご連絡下さいませ(*^^)v












オマケ


VFCから続々と新製品が発売されています^_^
こちらはMP5用のNAVYハイダー!スチール製です。超リアルで重いですよ(*^^)v




こちらも新製品!
VFC製のHk416Cフラッシュハイダー!もちろんスチール製です。
写真はありませんがガスブロG36用でG36K変身フロントキットも発売されました。VFCは年末にかけて熱いですよ(*^_^*)
なんでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。宜しくお願い致します。
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 22:28Comments(0)

2011年10月26日

新製品!VFC XCR!


今日はVFCの新製品のご紹介ですface02

VFC&SOCOM GEARコラボの電動ガン XCR です^_^
2011年のVFCカタログには堂々と載せられていましたが、ほとんど情報がなく年内の入荷は無理かなぁ~と思っていましたが急にVFCからの案内が来たのでビックリ。個人的にも仲の良いお友達も興味津々だったので早速発注。入荷数が限られているらしく今回のロットは少なめですが無事私の工房へも入荷致しました(*^^)v
限定生産?と噂がありますが本国VFCのカタログには一切書かれていないので今後も普通に仕入れられると思いますが、国内流通数自体が少ないので購入を検討している方はお早めに行きつけのショップさんへ取置きの連絡を入れた方が良いかもしれません^_^
今回のVFC XCRはバレットなど高級モデルを生産しているSOCOM GEAR社とのコラボ製品。数年前にVFCから発売されていたガスのバレットも元はSOCOM GEAR社と共同で生産していたので前々から仲の良いメーカーなんですね(^^)
素晴らしい製品を作る両社だけに完成度は抜群です。興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ(*^^)v
今回はなるべく詳細をお伝えしたいので写真の枚数を多めに載せます。すげ~カッコイイですよ(*^_^*)


















実銃メーカーはアメリカのROBINSON ARMSという日本ではあまり有名ではないメーカーです。米軍の時期正式ライフルとして開発され、トライアルを予定していた軍用に設計されたアサルトライフル。しかし部品が間に合わず結局トライアルを諦め現在は民間向けに売られているみたいですね。
M4やSCARが多いなか非常に新鮮なスタイルをしているXCRはスタイリッシュでカッコイイですよね(*^^)v
非常にコンパクトでもちろんVFCなので合成も抜群です。





短めのレールですが十分な容量があります。ノーマルではバッテリーは配線が外に出ているので外部バッテリー仕様ですが、テイクダウンしたところアッパーレシーバーにウナギバッテリーが入りそうでした。まん丸の空洞があります。7.4Vのスティックリポバッテリーは若干角が当たって入りそうですが無理やりになる可能性があるので断念しました。今後少し工夫してリポが入るようにしてみようと考えています^_^













実銃メーカーROBINSON ARMS社から正式に許可を受けて生産されているので刻印もバッチリ入っています。
今回の刻印のクオリティは最高でおもちゃのレベルではないかもしれませんね(^^)
セレクターやマグキャッチ、トリガーなどM4に近い配置なのでM4に慣れていれば全く違和感なく操作できます。ボルトキャッチの位置だけMASADAと同じトリガー前方に配置されていますね。



グリップはM4用なのでこちらも全く違和感なく銃を構えられます(*^^)v



もちろんダミーボルトストップ機構もライブです。ホップの調整が楽に行えます。ホップはダイヤル式でオリジナルに見えますが万が一壊してしまってもVFCは部品単体でも供給してくれるので安心です^_^



必要最低限の作りですが十分使い易いストック。スリングも付けられるので問題無しです。
このデザイン結構好きです(^^)



本体がスリムなのでストックを折りたたむとかなりコンパクトになります。
上下レシーバーの合わせ目も完璧でテイクダウンもピン一本。表面仕上げもレールの幅もちゃんと出来ていて素晴らしいです。
まだ分解してませんが新型VFCオリジナルの上下分割式のメカボックスもどんな感じなのか今後が楽しみです。
そろそろM4以外の電動ガンをお考えの方には候補の一つとしてオススメな一丁です(^^)


本体のSEALs価格は 税込29500円^_^ です。もちろん通販でもご購入可能ですのでご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ!

※ブログのXCRはダットサイトやフォアグリップ、バッテリーボックスやE-MAGなどが付いていますが参考です。本体には含まれませんのでご了承下さいませ。別売りでご用意も出来ますのでお気軽にご相談下さいませ。宜しくお願い致します(^^)
ではでは。





Daisuke


  

Posted by DAISUKE at 21:19Comments(0)

2011年10月25日

一丁のみ! BIOHAZARD SAMURAI EDGE




今日は珍しい商品のご紹介ですface02

いつもはリアル系など質感や刻印など実銃に近いエアガンをご紹介していますが、今日はゲームの世界から生まれた拳銃をご紹介致します(*^^)v
超有名なテレビゲーム ”BIOHAZARD” に登場してくるベレッタM92Fをベースにカスタムされた ”SAMURAI EDGE” モデルのフルメタルのパーツ(・・;です。残念ながら国内ではスライドとフレームがフルメタルの拳銃は所持してはいけない事になっていますのでスライドをフレームに組み込んで販売する事はイケナイコトとなっております。分解してパーツとして所持する事しかできませんが、今回のモデルはマルイ製と互換があるらしいので互換性があればマルイさんのSAMURAI EDGE(プラ製)と組み合わせて半分づつメタルにすればOKなんです。本当の法律って実はちょっと違うのですが変な解釈をされると大変な事になるのでフルメタルの拳銃は分解した状態でパーツとして遊びましょう(*^_^*)












この状態で楽しみましょう。問屋さんからもこの状態で送られてきます。カテゴリーはパーツです^_^
組み込みたい気持ちは理解できますが組んではいけません(・・;)組み込みたい場合はマルイ製と互換性がある事を確認してから一丁用意して上下入れ替えて半分づつメタルにして遊びます(^^)





メタルスライドにメタルアウターバレル。マルイ製と互換があるらしいのですが、実際は売り物なのでマルイ製に組み込んでテストできません。なので本当にマルイ製と互換があるのかは未確認です。ですので組み込みにはすり合わせなどが必要な場合があるかもしれませんし、組み込めない可能性もあるのでご了承下さいませ(^^)






フレームもメタル製です。さすが金属なのでズッシリ重たくエッジもビシッとしています(*^^)v






製造元はどうやらWEらしいですがパッケージにも本体にも何も書いていません。KJ製にも見えますが未確認です。
パッケージはマルイ製に似ています(^^ゞ



かなり綺麗にできたモデルで、最近の中華フルメタルハンドガンはレベルが相当上がりましたね^_^




つや消しが強い仕上げで金属らしさが出ています。KJ製に似ていますが刻印や細かい部分が違うのでやはりWEが製造元かもしれません。確実ではありませんが・・・・。



アウターバレルの仕上げも綺麗でなかなか素晴らしい出来です。ここまで技術があるのならパチではなく他に無いモデルを製造してくれればもっと良いのに(・・;と少し思います。そのくらい良く出来ています^_^




鋳物の技術は数年前と比べ物になりませんよ。刻印も綺麗だしエッジやアールも綺麗になっています。本体の至る所がガチャガチャしたのは過去の物。しっかりガッチリしている製品です(*^^)v




紹介しておいて互換性や製造メーカーが不明で申し訳ないですが情報が少ないのでご了承下さいませ。
今回はこの一丁のみの販売になります。追加で入荷する事はありませんのでこの子と付き合えるオーナー様をお待ちしております(*^_^*)パーツの供給や保証もありませんが素晴らしい出来ですので興味のある方は是非お問い合わせ下さいませ。
何度も書きますが、組み込んだ状態では所持できませんので販売時も分解した状態です。販売後も持ち主の責任で分解した状態でパーツとして保管して下さいませ。お守り頂ける方宜しくお願い致します^_^


BIOHAZARD SAMURAI EDGEメタルパーツセットの価格は税込22000円です。

一丁のみです。お気軽にお問い合わせ下さいませ(*^^)v
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:32Comments(0)

2011年10月23日

Mk17Mod0 SCAR-H




今日はVFCのSCAR-Hのご紹介face02

マルイさんから次世代電動ガンシリーズのSCAR-Hの発売が発表されましたね(^^)
間違いなく人気出るハズで今かなり注目を浴びていますが、VFCのSCARも魅力的な部分が多いので紹介致します^_^
実銃では米軍時期制式採用の候補としてかなり前からトライアルしています。何度も改良や変更を繰り返しながら結局現在でも採用されていません。一部の部隊で試験的に使われていますが他のメーカーからもトライアルに参入があって制式採用まではかなり険しい道程なんだなぁって感じなんでしょうか。現在はゲームや映画にも登場してエアガンファンにはかなりの知名度があり、マルイさんからSCAR-Lが発売されたと同時に爆発的な人気になりました(^^)一時期のフィールドはSCARばかりで凄いなぁって時期がありましたよ。私が紹介するVFCのSCARはノンブローバックモデルですが、全体の出来や質感、仕上げや雰囲気が素晴らしいのでコダワリのマニアには大人気で実際に手に取ってみると皆さん納得する高級感あるSCARです^_^

















今回はあまり見かけないブラックを。
実は引き締まって見えて超カッコイイのですが一般的にはTANカラーが人気です。黒いSCAR-Hをお持ちの方はかなりSCARが好きな方かもしれませんね(^^)




本体がゴツイので意外にスリムに見えるフロントはたっぷりレールがあるので気軽にアイテムをくっつけてかっこ良くできます(^^)



先日VFCから新発売されたLLMタイプフラッシュライト(VLMライト)を付けてみました。超カッコイイです(*^^)v
お友達のTさんからのライトの電池に関して貴重な情報を頂けたのでちょっとだけ
実は電池ボックス内に3.7Vと書いてあるんですが、実際のバッテリースペースはシュアファイアーなどで使う一般的な123A電池(3V)しか入らないので不思議だったんです。でも123Aの3V一本だとライトが暗いのでTさんは123Aを二個直結して6Vに出力を上げ繋げてみたそうです。問題なく点灯できやはりかなり明るくなったみたいです。残念ながら123A電池を二個ライト本体に収められないので外付けになってしまいますが。Tさんは更にリポ7.4Vを繋げてみたらしく、結果は・・・・・・5秒程点灯した後にLEDがお亡くなりになったそうです(・・;)なので犠牲を出して貴重な情報をくれたTさんにはホント感謝しています(^^)

※この情報はあくまでも個人の楽しみで行なっておりますので真似して何か不具合が発生した場合など一切責任を負いませんのでご注意下さいませ(・∀・)





SCAR-Lとの大きな違いがマガジンですね。
7.62仕様のSCAR-Hはゴツくて銃の全体のバランスがカッコイイので人気です^_^






アッパーはハイダー手前まで一本物のアルミです。
ロアーは強化プラスティックでリアルな樹脂なのでABSと違い模様があります。マルイさんはABSですのでVFCとの大きな違いの部分なんです(^^)




単純化され一本物のアッパーは強度も抜群でしかも余計な凹凸が少なくスッキリしています。M4は首が弱いですがSCARは相当頑丈です(*^^)v



このストックが好きになれない方が結構多いですが私もその一人でした。現在は見慣れて何とも思わなくなりましたがやっぱりブーツに見える時があります(・・;)



もちろん折りたたんで使えます。
マルイさんは折りたたんだ時に配線が見えてしまいますがVFCは全く見えません。コダワリの部分なんです。
でもマルイさんのSCARは配線が見えますが全然気になりません^_^
ちょっと雰囲気の違うSCARをお探しの方にオススメなSCAR-Hのブラックでした(*^_^*)







先日土曜日~日曜日にかけて予定していたオフィシャルのナイトゲームは悪天候の予報が出て前日に中止が決まってしまいました(・・;)久しぶりにガチでゲームをやろうと思っていたのでかなりショックでした。しかも多少の雨は夜遅くに降ったものの、ゲームに影響する程ではなかったので本当に残念。やっぱり天気って見極めるの難しいですね。

納品があったので土曜日の昼間にフィールドへ行ったのですが千葉の森ではまだセミが至る所でミンミンミンミン鳴いています。これは異常なのでしょうか?もうすぐ11月なのにセミですよ(・・;
現場スタッフのユーマは普通ですよくらいの反応だったのですが毎年こんな感じだったのかな???
もし地球の異変に関係していたらと少し思い気持ち悪かったです。
最近あまり涼しくないしやっぱりちょっとオカシイのかもしれませんね。真冬のゲームが待ち遠しい(^^)
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:58Comments(0)

2011年10月20日

新入荷商品



今日はオシャレな入荷商品のご紹介face02

TAD GEARタイプ シャークスキンソフトシェルジャケットの新しいタイプが入荷しました!

これからの季節には最高の一着。サバゲはもちろん、スノボーや普段着で着れるオシャレなデザインなので何着も欲しくなるジャケットですよ^_^ ちなみに私はバイクに乗る時に着ています。ETCカードやタバコが腕のポケットに入るので非常に便利。しかも暖かいし軽いしかさばらないで最高ですよ。防水ではありませんが小雨程度なら数十分のバイク走行OKでした(*^^)v
去年は単色がメインで販売され、めちゃめちゃ人気で品薄状態のまま冬が終わってしまいました。今年のモデルは単色の他にマルチカムやACUなども加わり縫製のレベルも上がっています。レプリカですが細かい部分まで忠実にパチっていますのできっと満足すると思います。しかも1万円を切った新価格なので超お手頃。人気商品なので迷わず購入ですよ(^^)
品物はフィールドにて日曜日から販売致します。












新色のACUカラー(^^)
絶対変な色合いで安っぽいだろうと思い一着だけ仕入れてみましたがこれが凄くカッコイイ^_^私個人で即購入してしまいました。ですので在庫がありませんが追加発注したのでご安心下さい(*^^)v



こちらも新色のマルチカム!
先日A君がアキバで買ってきたのを見て超カッコイイと思ったので仕入れました^_^
間違いなくカッコイイです。安っぽくないのでオシャレに着れますよ!



去年大人気で品切れが続いたブラック。
一番カッコイイかもしれません。どんな迷彩パンツでも合うのでやっぱり人気No1ですね(^^)



こちらもブラックの次に人気なTANカラー。
TANカラーが人気なのは当然ですね。これも色々な迷彩パンツに合わせられるカラーなので大人気です。



左腕には上下2ヶ所のポケットとベルクロが付いています。様々なワッペンを取り付けて遊べます(*^^)v
※ワッペンは別売りです



内側は薄いフリースみたいな生地です。メッシュの部分はポケットの内側です。



流行りのスマートフォンなどをポケットに入れてイヤホンのコードを固定したりできます。レプリカですが良く出来ています。



販売は23日の日曜からです。

価格は税込でなんと8900円!この品質でこの価格は絶対安いですよ!

モノによってはTADのパチワッペンが付いてたり付いてなかったり。ファスナーのデザインなんかもカラーによって少し違ったりする場合がありますのでご了承下さいませ。
これからの時期絶対オススメですので是非現物をフィールドで試着してみて下さい!宜しくお願い致します^_^










オマケその1
パソコンに溜まった画像を整理していたら懐かしい写真を発見したのでちょっとだけご紹介。

フィールドオープン前の写真です。今より障害物がかなり少ないですがブッシュが凄く濃いですよね(^^)






現在立入禁止のB砦。老朽化で解体が決定している当時は最大の大きさだった砦です。この場所は皆さんも私も思い出が沢山ありますよね。解体前に記念写真撮って下さいね^_^



初期のマップ。見やすいですがとっくに解体されてしまった障害物があります。何処か判る人はかなりのSEALsファンです(^^)



一番最初のセーフティーテント。最初はこれだけでした。当然収容人数が少ないのですぐ追加されました。このセーフティーは今でもしっかり残っています(*^^)v










オマケその2

グアムで実銃を撃った時の写真です。
HkのMk23。本当にこの銃は良く当ります。反動はかなりキツイですけどね(^^)
人に当たったら即死だなと思い知らされる程の迫力があります。



豆鉄砲でおもちゃみたいですがコレも本物の拳銃です。
22口径なので反動はガスブローバックとほとんど変わりません。パンパン楽しんで撃てますよ。もちろん当たり所によっては人が死んでしまう実銃ですが腕とか撃たれても全然平気らしいです(・・;)
このベレッタはジャミングが多く50発中4回なりました。



実弾色々。
持っているのがMk23で使用した45ACP。奥のデカイ弾がM14で使用した7.62のフルメタルジャケット。米軍のスタンプが押してある最強の7.62ミリでベトナム戦争末期のデッドストック品実弾です。一般人が使う7.62とは火薬の量が違うらしいです。車のタイヤが輪ゴムの様に踊る威力があり絶対危険ですね^_^
現在円高なので少し貯金すれば実銃を撃ちに行けるチャンスです。是非行ってみて下さね。飛行機で3時間だし日本語で予約できるし。それとゲームで跳弾がヒット扱いなのも絶対納得します(^^) グアムでもハワイでもラスベガスでも観光スポットや繁華街にある室内射撃場は銃がワイヤーに繋がれてるし、マガジンに弾を入れるのもスライドを引くのもインストラクター。銃を的に向けて目線に持って来られやっとそこから銃を握って撃つので面白くないです。しかも弾は何度も使った薬莢に火薬を少なめに入れて鉛の粗悪な弾頭を付けたヤツですよ。それでいて高額で受付のオバちゃんが夜になると風俗店の店員になっていたりと笑えますが全然オススメできません(*^^)v グアムだったらワールドガンさんへ。
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:21Comments(0)

2011年10月19日

リアルフィニッシュアウターバレル



今日は新商品のご紹介ですface02

VFCから発売されているマルイGLOCK17とSIG P226用のスチールアウターバレルをリアルな仕上げにしたSEALsオリジナル加工商品です。サイレンサーアタッチメント付きなので特殊部隊っぽく仕上げるには最高の一品。
材質はスチールですがステンレス製のバレルが少し焼けた感じの仕上げで、写真ではかなり黒っぽく見えますが実際は銀色ベースの色合いです。表面仕上げの工程がかなり大変なので大量には作れませんが近々フィールドにもサンプルと販売用を飾る予定です。ガスハンドガンをより一層リアルに仕上げたいマニアの方にオススメしたい商品です(^^♪
なかなか写真では伝えにくいのですが是非ご検討下さいませ。もちろん遠方の方は通販も可能です(*^^)v


















こちらはマルイSIG P226用です。
ドノーマルのマルイP226には問題なく無加工で取り付け可能ですよ(^^♪






サイレンサー用のアタッチメントが付いているのでかなり雰囲気が変わります。逆ネジ仕様でアタッチメントだけ取り外すことが可能です(^^)




海外製のマルイをコピーしたメタル製のP226などにはポン付けできるか不明ですが、多分引っかかりが発生して要加工になる恐れがあります。インナーバレルの先端を黒に染めれば超リアルなエアガンになりますのでお試し下さい。













マルイGLOCK17用もご用意。
やはりガーダーのアルミスライドにはポン付けはできませんので加工が必要になります。





写真は試作品ですが近々発売致しますので宜しくお願い致します。


予定価格も一応

・マルイGLOCK17用 BurnFinishアウターバレル(サイレンサーアタッチメント付き) 税込5900円
・マルイSIG P226用 BurnFinishアウターバレル(サイレンサーアタッチメント付き) 税込5900円
※2つ共スチール製ですが、仕上げはステンレスっぽくしております。


実際のゲームで使うだけなら全く無意味な商品かもしれませんが、やっぱり使う道具はリアルにコダワリたいという方も多く、私もその一人。自己満足の世界ですがお手持ちのハンドガンをもっとかっこ良くして頂けたらと思い少量作ってみました(^^)
今後はM1911ガバメント系も作る予定です(*^^)v
今回はP226とGLOCK用のみですが、ご予約も可能なので是非一本宜しくお願い致します(*^_^*)
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:30Comments(0)

2011年10月18日

GHK&LCT コラボAKM GBB


今日は珍しいAKMのGBB(ガスブローバック)のご紹介ですface02

高級でリアルとマニアに人気のLCTボディベースでガスブロでそこそこ有名なGHKがコラボでAKMを発売してまだ一年経過したかしないかですが、今回ご紹介するモデルは最新ロッドの製品。発売と同時に大人気になるかと思いましたが、AKM自体爆発的な人気が無かったのと価格が高めだったこともありそれ程沢山は出まわっていないようですね。生産数自体も少ないかもしれません。
初期のモデルはマガジンに欠陥があるとかガス漏れがヒドイなどの情報が問屋様から直接聞いていたので購入を諦めていました。
最新ロッドは改善されたらしいとの情報が入り発注をしてから2ヶ月。とっくに夏が終わってしまいましたがやっと届きました(^^)
箱を開けた時の印象は”さすがLCT”ほとんどのパーツがスチールでウッドストックの仕上げもかなり綺麗で満足な見た目でした。問題は作動とマガジン。早速ガスを注入して撃ってみたところ、全然快調に作動してくれました。ガス漏れが心配だったのでマガジンにガスを入れて一晩放置。次の日案の定ガスが全て抜けていました(-_-;)
出た。またガス漏れ。
しかしバルブをドライバーで回したところ緩んでいることが判明して再度一晩放置。結果は今の所ガス漏れは直った様で安心しました。ボルトのキックも激しくシャキシャキ作動してくれるので他社製のガスブロM4に慣れた私には新鮮で大のお気に入りです(*^^)v飛びはまだ見確認ですが期待できそうです(^^♪
















実銃より綺麗かもしれない程美しい見た目でちょっと品も感じる程。
スチール多用の本体ですが重量は意外に軽いです。個人的にはAKが大好きなのでやっぱりカッコイイ(^^)





綺麗過ぎる?ので逆にAKらしさが少し失われてるかもしれないですが、これはこれで綺麗でビシッとした製品です。







レシーバーやトップカバーなどには一切余計なパーツが付属していませんのでスッキリしています(^O^)
このスタイルにダットサイトとかやっぱり合わないのでこれで完成された銃ですよね。



電動ではないので超細いグリップが印象的。
実銃はベークライト製ですがこちらは多分普通のプラです(-_-;)リアルにこだわっているメーカーだけにちょっと残念。
実銃のグリップが付けば交換したい部分ですね(^^)



VFCのAKに似た仕上げで綺麗なウッドパーツ。割れやすい部分なので扱いには注意が必要です。





ガスブロなので非常にシンプルな構造で実銃にそっくりに出来ています。作動も良好でガンガン使えそう(*^^)v
マグチェンジに少しコツが必要ですがキツメのキックと作動音は病みつきになります。強めのブローバックを楽しみたい方に非常にオススメな一丁です(*^_^*)
ちなみにこのブログが更新される頃にはこのAKMはアフガンの闇市で売られてそうなダメージというか、もろ中古っぽく加工されてバランバランにされていますicon06














オマケ

毎日四方八方からカメラを向けられ大人気なスカイツリーです(^^♪
私には身近に在り過ぎて全く気にしなくなっていましたが、周りの建物と比べるとやっぱりダントツ高いですね。
とっくに完成形の形に仕上がっていますが今でも倒れないか心配です。近くで見ると意外に根元が細いので心配になります。
この現場で私の同級生が今でも建設に携わっているので今度シュアファイアーでお互いコンタクトを試みてみます(^^)



常に渋滞が発生している首都高の堀切ジャンクション(*^^)v下から。
やばいちょっと癒されるかもしれませんこのライン。右が東北道や常磐道方面への上下線。左が湾岸お台場や浦安方面への上下線。奥へ行くと浅草方面から各都心部へ行けます。空いていればココからディズニーランドまでは15分・・・・・・以上です(^^ゞこれ以上ジャンクションネタの引き出しはありません(・・;
ここの合流はハンパないので通過する時はご注意を(*^_^*)
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:27Comments(0)

2011年10月15日

VFC新製品 LLMフラッシュライト



今日はVFCの新製品をご紹介face02

凄くマニアックなフラッシュライトを製品化してくれました(^^)
実物名はLLM01
VFC名はVLM01
20ミリレールに取り付けられるウエポンライトです。JAPAN Editionはレーザー機能が使えない様に配線がカットされていますが、本来はライトとレーザーの両方が内蔵された製品です。実物は更にIRレーザーが使える米軍のPEQ系と同じ部類の光学機器です。私はこのライトは全然詳しくないのですが、ドイツ軍やイギリス軍で最も使われている様で、レプリカが発売されるのを多くのマニアが待ち望んでいたアイテムなんだそうです。普段米軍が使う光学機器ばかり見ているので今回の商品は私にとって非常に新鮮で形や大きさも凄くカッコイイのでオススメできます。しかも海外製でも製品の品質はかなり良く、いい加減さは全く見られません。VFCは今回も気合を入れて製品化していてきっと買った人を満足させてくれる商品です(^^)
しかし写真で見るより全然カッコイイですよこのライト。コンパクトで高性能でリアルなアイテムお一つ如何ですか??













さっそく付属のステッカーに貼り変えた状態(リアルな状態)
黄色いステッカーがステキ(*^^)v









電池は123Aを入れていますが、本体には3.7Vと書いてあります。123Aは3Vなので違う電池なのでしょうか??
実物は123Aを縦に二本入れるみたいです。ちなみに123Aでもちゃんと点灯しますが3.7Vの方が明るいのかもしれません。






独特な形状をしていますが凄くカッコイイですよ(^O^)



ボディの全てがシッカリ正確に作られているので素晴らしい出来です。レールへのマウントもガッチリ固定できます(*^^)v
ゲーマーにとっては強度って重要視される部分なんです。



レーザーのみ点灯(日本の正規品は購入時は点灯できません)
レーザーの配線を繋いであげれば点灯できます。それほど強いレーザーではありませんが必ずゲームやフィールドのルールを守って使いましょう(^^)使用禁止のゲームもあるので事前に調べる必要があります。



ライトのみ点灯させた状態。
十分な明るさがあります。最近主流のLEDなので消費電力もかなり少なくなっていますね(^^)




レーザー&ライトを同時点灯させた状態。
更にリモートスイッチが付属するので、常時点灯ポジションとプッシュONポジションを本体のダイヤルスイッチで切り替え可能です(^O^)



ちなみに購入時(パッケージ)の時はこの様になっています。
DANGERシールを剥がすとステキな事がおきます(*^_^*)
付属の黄色いステッカーに貼り変えればリアルに変身します。











今回はVFCのガスブロMP5にマウントさせてみました(^^)
小ぶりなサブマシンガンにもスマートに付けられるのでイイですね!
G36系とかメッチャかっこ良くなるのでしょう。ライト自体も軽くて小さいので邪魔になる事は少ないと思います(^^)





VLM01ライト(LLM01)は税込8900円で発売中です(*^^)v
通販やフィールド受け渡しも可能ですのでお気軽にお問い合わせくださいませ。






私はさっそく今月のオフィシャルナイトゲームで使ってみたいと思います(^^)
現在オフィシャルゲームへの参加者様大募集中です。SEALsのイベントではございませんが、皆でゲームと交流を楽しむ集まりですので是非是非参加してみて下さい(*^^)v


ちなみに、SEALsオフィシャルチームで大募集している方の例を少し。

・初心者の方
・ナイトゲームをやってみたい方
・ゲームのレベルを上げたい方
・普段ゲーム仲間が少ないので小規模なゲームに参加が難しい方(定例会に飽きた方)
・銃好き・ゲーム好きの仲間を増やしたい方
・サバゲの世界をもっと世に広げようと考える熱い方
・ルールとモラルを当たり前のように理解している(理解できる)大人の方
・女性(・・;) ちなみに現オフィシャルには何名かの女性隊員がいらっしゃいます。
・VFCの信者になりたい方
・実際にVFCの銃を触ったり撃ったりしてみたい方
・私のブログでエッジだの質感だの刻印だの書いていますが一緒に分かってくれる方(^^)
・たまには飲みに行ってシモネタを連発できる方(・・;)
・多少の悪乗りに乗っかってくれる方(^^ゞ
・そろそろフィールドスタッフUMAをゲームでボコボコにしたいと企んでいる方(^^♪

などなど、結局は大人な方でしたら全然OKです。フィールドブログにもありましたが、仕方なくドタキャンした後に音信不通になる様な方はお断りしております。それと仲間なのに影でコソコソ悪口を言う様な方もお断りです。人それぞれ楽しみ方は違いますがなるべく皆が平等に楽しめる環境がやっぱり一番ですので妨害したりする行為はもちろん、自分のレベルに合わないからと周りを合させようとする行為も一切お断り致します。本来こんなこと書く事が情けない話ですが。頑張って最高のチームになるようにこれからも皆様のお力をお借りしながらスタッフ一同努力していきますので宜しくお願い致します(*^_^*)
入会金も無し、参加するタイミングもご自身のペースで全く問題ありません。オフィシャルチームに所属するとワッペンを無料で貸し出すだけです。もちろん他のフィールドでそのワッペンを付けてもらっても全然OKです(*^_^*)
ゲームの予定日が決まるとフィールドスタッフからゲームのお誘いが来る簡単で特に厳しい決まりもない気軽なチームですので興味のある方はとりあえずオフィシャルのゲームに参加してみるくらいの感じで遊びに来てくださいね(^O^)
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:46Comments(0)

2011年10月14日

Mk18Mod0+KNIGHT'S SR-16


今日も組み合わせシリーズですface02

合体させたのは昨日と逆です。
アッパーAssyがMk18Mod0でロアーがKNIGHT'SのSR-16Assy。
ロアーのSR-16はVFCで言うコンバットマスターです。実銃の世界では無いであろう組み合わせですが今回は無視して組み合わせてみました(^^)
全然カッコイイのでアリです。コンプリートモデルで存在しそうなくらい違和感なく!?組み合わさって高級感まであります(^O^)
人によってはナシかもしれませんがこの遊び結構面白いのでとりあえずやってみました。
パッと見は凄くカッコイイのですが貴方はアリですか?ナシですか???

















普通な感じに見えますが組み合わせている二丁はM4A1とは別物ですね(^^)
やはりあまり興味の無い方には何が違って何がいいのかサッパリかもしれません(・・;)
Mk18のサイレンサーがまた全体のバランスを最高にかっこ良くしてくれています(*^^)v




サイレンサー装着でも短めの長さです。
サイレンサーはVFCの別ブランドAVALONのROTEX223QDサイレンサー(^^)非常に出来がイイですよ。



着脱は超簡単。ロックを解除して引き抜くだけです。アルミとスチールで出来ていますので丈夫でリアルな製品です(^^)



サイレンサー無しの状態はこんな感じです。非常にコンパクトになりますね(*^_^*)






アッパーがMk18Mod0の軍用ノーマル。
ロアーがKNIGHT'SのSR-16で最新のレシーバーです。違和感なくかっこ良く決まっていませんかね???



グレー色のアッパーと真っ黒なロアーの組み合わせがやっぱりステキ。
マガジンも様々な種類が選べて楽しめます(^^)




今風なパーツも無難なパーツもありますが全然まとまってくれてカッコイイですね(^O^)




TANカラーパーツも私はMAGPUL PTSかVFCが好みです。何が好みかと言いますと色の具合です。星の数ほどパチ商品が沢山出まわっていますが、バラで購入してきたパーツを組み合わせて組んだ時に色が全然合わないって事ありませんか??実銃パーツもメーカーによって色が違いますが各メーカーの色が何かカッコイイので気にならないのは私だけですかね?
特に中華のTANカラーはメーカーによって色が全然違うので私はガッカリした事が何度もあります。ほとんど肌色って商品からFDE(フラットダークアース)カラーまで茶色系は様々あるので難しいですよね。通販だと本当の色が確認出来ないので注意が必要かもしれません(^^)ありえないTANカラーの商品何度か見たことありますよ(・・;)










オマケ

本日入荷したVFCの新製品LLMライト(VLMライト)(^O^)
メッチャカッコイイです。しかも小物パーツ系では品質が今までで一番いいのでは???もはやメイドインジャパンと同じレベルのクオリティかもしれません。スイッチも配線も基板もボディの強度も全く問題なし(^^)さすがVFCicon06
これ2個買う人の気持ちよ~くワカリマス(*^^)v
詳細は明日のブログを予定しております(*^_^*)
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:37Comments(0)

2011年10月13日

SR-16+Mk18Mod0


今日も組み合わせシリーズですface02

もちろんVFC製同士。
個人的には初の組み合わせで珍しいかもしれません。遊びなのでコダワリ派にはNGかもしれませんが意外にどれもかっこ良くなるので飽きるまで組み合わせシリーズで遊ばさせて頂きます(^^)
今日はVFCのコンバットマスターSR-16のアッパーAssyとM16A1フレームのMk18Mod0のロアーAssyを合体させてみました。
個人的な好みですが、全然アリです。凄くカッコイイですよ(^^)こんな感じで色々組み合わせてたまには遊ぶのもイイデスネ(^^)

















アリだと思いませんか?
イイっすよこの感じ。軍用と民間用が混ざったハーフってイメージ。旧型の耐久性を上げたカスタムって妄想で組んでみました。




コンバットマスターのアッパーなのでURXです。スリムでアイテム取り付け幅が多いのでDANIELと並んで大人気なレールですよね(^O^)



ハイダーはMAGPULのHPに出ている写真とそっくりに苦労して作った一点ものです。本物の火薬の煤を表現するため合法な火薬を使って色々やって煤を定着させて完成したハイダーです(^O^)









上下のレシーバーの色が違うのがやっぱりカッコイイ。
ビシっと合わせ目も完璧でグラつきも一切ありません。VFCの見えない魅力の一つですね(^^)



A1のロアーなのでフレームピンの下側がA2以降は補強の為アールになっていますが、A1までは直角です。本物のM16で強度不足だった為と思われます。どうでもいい部分って言えばどうでもいいのですが、大事なところなんですね(*^_^*)




フィンガーチャンネル無しのA1タイプグリップもVFCはちゃんと作ってくれました。細くて素晴らしいです(*^^)v




ほとんど何も付いていませんがスッキリしていてメッチャカッコイイですよ(^^)
最近何でもコテコテ付ける事が当たり前になってきたのでシンプルな銃が意外に目立ったりします。リポバッテリーも高品質で小さい物が手軽に入手できる時代なのでバッテリーの外付けも少なくなってきましたね。でもフィールドにはニッカドバッテリーにコダワリを持って大切に使われているユーザーも結構いらっしゃいます(*^^)v
男はニッカドだ!って何回か聞いた覚えが。。。










オマケ

ついにUMA君が上司の前でタバコを吹かすまで図に乗り出しました。しかもかったるそうに。。
お腹いっぱいに食べて飲んで一服して帰るか状態(・・;






※本当はこの時ひたすらコーラを飲んでペコペコしていたUMA君でした。ではでは。







Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:46Comments(0)

2011年10月12日

Mk18Mod1+Hk416


今日もVFC同士の組み合わせですface02

昨日のブログとは逆で、今日はアッパーがMk18。ロアーがHk416なので実銃の世界ではあまりないかもしれない組み合わせです。しかし実際電動ガンでこの組み合わせをしてみたところ、全く違和感のないカッコイイスタイルに変身してくれました。軍用モデルのMk18が凄く高級になった感じで私は結構好きなスタイルです。Mk18もレールはブラックなのでHkのロアーにバッチリ合っているこの組み合わせ。なかなかカッコイイのではないかなぁと思います。
もちろんVFC同士なので合わせ目も合成も全く問題なし(^^)ピン一本押し出すだけ、たった数秒で変更できるので色々変えて楽しんでみては如何でしょうか??

















こちらもやっぱりあまり興味のない方はM4と何が違うのかパッと見解らないと思います。
凄くスタイリッシュで高級感があってGoodなルックスですね(^O^)





フロントはMk18でDANIELのRASです。Hk416のレールより細くて軽量です。強度も十分なのでゲームで安心して使えます。
ハイダーはKNIGHT'Sタイプですが、ノベスケやBe Meyersなども相性がいいのでお手軽にカスタムできますね(^O^)






今回はアッパーがグレー色でロアーが真っ黒になります。Hk416のロアーはマーキングが派手なのでオシャレな感じになります。合わせ目も全く問題なく違和感はありませんね(^^)



ロアーがHk416なので残念ながらP-MAGが使えません。写真はHk純正タイプのスチールマガジン。M4ノーマルと形が違います。



VFCのマーキングは何度見てもステキです(*^^)v



Hk純正タイプのストックは飾りっけ無しのタイプですがシンプルで人気があります。VFCの質感も良い感じですよ(^^)




やはりこっちもTANカラーのパーツでかっこ良く決めても間違いなくイケメンになりますがオールブラックで渋く決めてもまたカッコイイでしょう(^^)
VFCの色や質感の違いを是非楽しんでみて下さい(*^^)v
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:22Comments(0)

2011年10月11日

Hk416+Mk18


今日はVFC同士の組み合わせですface02

先週金曜日から連休を強引にゲットしてブログもサボってしまいました(・・;
土日休めるなんて今年初めての事でしかも3連休。連休は正月とお盆以外一切ない私には超貴重な休日でした(*^^)v
たまには強引に休まないとダメだなぁと今回感じました。

さて
今日ご紹介するのはVFCのHk416の10.5インチアッパーとVFCのMk18Mod1のロアーを組み合わせた贅沢な一丁です。
実際の特殊部隊でも使っていそうな感じでコテコテにアイテムを付けずにシンプルにしてみました。ゲームや装備に合わせてアイテムを選べば色々楽しめる一丁です。TANカラーでチャラい感じももちろんカッコイイですが、基本的な真っ黒も間違いなくカッコイイです。流速チューンもよし。セミオート多用のハイレスポンスなプロっぽい仕様にしてもよし。特別な一丁をお探しの貴方にピッタリな電動ガンですよ(^O^)

















あまり興味のない方には普通のM4と何が違うのかサッパリだと思いますが我々にとっては全く別物の銃なんです。
この銃の良さが分かる方は既にかなりの銃好きではないでしょうか???





アッパーはHk416をそのまま使っています。なのでノーマルMk18より重量が増しますが強度も上がります(^^)






個人的に一番スキな部分がこのレシーバーの上下の色が異なる部分。所ジョージさんが言う”心の病”かもしれませんがこの色の違いがメチャクチャカッコイイんです(^^)同じ色だと絶対ダメなんですね。



Hk416ノーマルはP-MAGが使えませんがこのモデルだとM4系マガジンはほとんど大丈夫。メリットの一つですね(^^)



”心の病”なんでもう一枚。上下の色が絶妙に違います。塗装で後から表現するのと満足度が違いますね(*^^)v



よく出来たVLTORの新型ストックもバッチリ合います。




二丁買わないとこういうカスタムは出来ませんが、こうやって色々工夫すれば幅が広がって楽しいですね(^^)
これからがサバゲシーズンなのでフィールドで目立ちたい方にもオススメできる一丁ですよ!











オマケ



連休は愛車の70才ハーレーで浜松までツーリングに行ってきました。
到着する2時間前まで浜名湖周辺のキャンプ場だと思っていましたが浜松でした(・・;天気は最高でジリジリと暑かったですが走行すると少し寒い感じのツーリングに一番適した陽気でした(^^)
私のハーレーはリジットフレームと言ってリア(後ろ)にサスペンションが付いていない古いバイクで、道路の凹凸がダイレクトに背骨を伝わって首が痛くなるので長距離はかなり気合が必要です。しかも今回は高速を降りてから山を3つ超えなければならないかなりの峠道(一番テンションが上がりますけど)。
今回約600キロ走行しましたがハーレーの世界では長距離の中では短い方。一回のツーリングで1000キロや2000キロ走る事は普通なんです。しかし私の爺様ハーレーは600キロは限界に近い。もう一日あれば1000キロ走行も可能でしたがエンジンと私の背骨に必ず異常が出るので無茶はしません。
今回泊まったのはテントではなくバンガローで布団が用意してあったのでグッスリ眠れて次の日の疲れが全然違いました。地べたに寝袋はやっぱり疲れ取れませんからね。帰りは多少の渋滞はありましたがノントラブルで無事帰宅できました(^^)
この時ばかりは正当な理由があるのでバイクにナイフやら包丁やら積んでも問題無いのでやっぱり一泊ツーリングって楽しいですね(*^_^*)もちろんシュアファイアーなんかもキャンプで大活躍です。
夜のキャンプ場で食べた静岡県産牛肉のステーキはもう最高にうまかった!酒も入って盛り上がり過ぎて若干の苦情が入ったけど本当に楽しかったです。しかも携帯の電波が入らない好都合な場所(^^)VFCもオススメですけどバイクで行くキャンプもオススメしたいです(*^^)v
ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:27Comments(0)

2011年10月05日

KNIGHT'S SR-16 CombatMasterその2



今日もVFCのご紹介face02

先日ご紹介したKNIGHT'S SR-16 CombatMasterとは別のコンバットマスターです。
こちらはVFCから部品をバラで取り寄せて組み立てた電動ガンで、アウターバレルやメカボックスを他社製の物を使っていてちょっとだけ違うのですが基本はVFCからコンプリートで売られているモデルと同じです。
レシーバーはバラで購入してもちゃんと製品ロットナンバーが刻まれており世界に一丁だけの電動ガンを作る事も可能です(^^)
タクティカルトレーニング用に極力必要ないアイテムを付けずに軽くしています。バッテリーもストック内にリポが余裕で入るので非常に軽くてスリムな一丁です。女性でも楽に扱えるのでオススメできますよ(*^^)v














TANカラーパーツを多めに使って今風の一丁に仕上げています(^^)
シンプルですが非常にバランスが取れていてなかなかカッコイイです(^O^)





KNIGHT'S系でフロントを固めてハイダーをAAC 3PLUNGハイダーでアクセントを付けてみました(^^)
ほとんど何も付いていませんがこれだけでも迫力があります。



非常に出来が良いURXは曲って付いたりすることもほとんどありません。KNIGHT'Sのマーキングも綺麗に入れられ高級感ある製品です(*^^)v




KNIGHT'SオリジナルのアンビもVFCでは全てライブです。部品点数が多くなりメカボまでの分解が少し手間になりますが慣れれば誰でも出来るので挑戦してみては如何ですか??



E-MAGもバッチリ入ってグラグラが少ないです(^O^)





刻印も非常に綺麗でクッキリ入っています。色が入っていない刻印が私は大好きです(*^_^*)



人気のVFC製スリムグリップのTANカラー。一番色がステキな製品です。マルイにも使えますよ(^^)



いつものクレーンストック(・・;



Doctorサイトをハイマウントして前方に配置しています。オープンサイトなので十分見やすいですよ(^^)
でも一発BB弾が当たると確実にレンズが割れてオシマイなのでシールドを付けた方がいいと思います。



ピン一本。5秒でテイクダウン可能です。外した時に細かい部品が外れたり無くなったりしないので安心です(^^)



フロントレール部分やアウターバレルを持って振り回しても大丈夫なくらい頑丈な合成で安心してゲームで遊べます。
VFCは細かいパーツなど一個から手に入るメリットもあって購入後の破損も安心できるありがたい海外メーカーさんです。何ヶ月も入荷しないパーツもありますが大体必ず来るので壊れたら終わりって事はありません(^^)
真っ黒で超渋いM4お探しでしたらコンバットマスター凄くオススメですface02
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 22:31Comments(0)

2011年10月04日

Hk416 10.5 CUSTOM



今日もVFCのご紹介face02

先日もお伝えした現在メーカー欠品中のVFC製Hk416の10.5インチモデル。
最新ロットの細かい部分が改良された製品で、数年間で数回の改良をして最も良くなったモデルです。合成も素晴らしいですが表面仕上げやマーキングの綺麗さはピカイチで、他社製とはやっぱり全然違うこだわった作りのVFC製Hk416。
私のブログでよくエッジエッジと連発していますが、VFC製品はほとんどの製品がエッジ(角)が立っていて指を切りそうなくらいビシっと出来ている製品です。合わせ目なども良くて台湾の製造技術は明らかに中国系よりレベルが高いです(^^)
中華系はもはやレプリカのレプリカのレプリカが存在しており、値段はかなり安いですが製品自体全く使えない物や粗悪過ぎる材質で耐久性が全く無い形だけの物などがあり購入する時はショップさんへ足を運んで物を確かめてから買うことをオススメ致します(*^^)vこれ、本当です(^^)
他のメーカーより一万円高くてもオススメしたいメーカーの一つがVFC。きっと満足するメーカーですよ(*^_^*)
















何回かご紹介していますが何度見てもカッコイイHk416。今回は10.5インチの短い方です(^^)
うちのフィールドで人気なのは14.5インチですが、皆様はどうですか?10.5インチもなかなかいいですよ。
凄く迷う方は冬のボーナスで2丁とも買ってしまいましょう(・・;





真ん中の写真のシュアファイアーレプリカはELEMENT製。初期のモデルは取り付けのクイックリリースレバー付近が粗悪な設計でグラグラでしたが最近の新しい物は改善された様です。しかし今度は製品が品薄状態でほとんど入荷してきません(-_-;)
ライトの機能はバッチリですので新しいモデルならオススメできます。
下の写真はウチオリジナルのKNIGHT'Sインコネルタイプ焼入れハイダーです。こっちは粗悪じゃぁありません(^^)




やっぱりこの辺が一番ステキな部分ですかね?何度見てもあらステキicon06



Hk純正タイプのスチールマガジンが結構スキなんですが多弾しか無いのでリアカンでゲームをする私はM4タイプを使います。
夏頃のリアカンゲームでゲーム中フィールドに落とした私のE-MAGがこの前のVショーで売られそうになっていてビックリしましたがちゃんと回収できました(^^)




レシーバーだけメーカーから取り寄せてショーケースに飾りたいくらいVFCはいい出来です。



Hkマークが入ったダミーボルトカバーもナイス(*^^)v



ノーマルグリップも握りやすくて気に入っています。滑り止め効果はM4グリップより上です(^^)



米軍のイメージなのでLMTクレーンストックのTANをチョイス。でもHk純正タイプもかなりスキです(*^_^*)






さて、
そろそろ月末のオフィシャルゲームに使う銃を選んで整備しなければ。
最近ダイエットに成功してBDUパンツが少しブカブカになって一人でニヤッとしました。体脂肪も4%落ちて疲れにくくなった気がします。ですが我慢していた油ギトギトのラーメンやステーキを久しぶりに食べようと昨日一日で両方食べてしまいました(-_-;)
なので今日はこれからジムへ行きいつもの倍汗を流しに行って参ります。
これから食べ物が美味しい季節。好き嫌いが一切ない実は食いしん坊な私ですが正月終わるまで食を制限できるか少し不安です(・・;健康第一ですので皆様も油ギトギトは控えめに(*^_^*)
ではでは。





Daisuke  

Posted by DAISUKE at 21:25Comments(0)

2011年10月02日

KNIGHT'S SR-16 CombatMaster




今日はVFCのご紹介ですface02

KNIGHT'S SR-16のVFCではCombatMasterと呼ばれているMAGPULのコスタ氏が愛用しているモデル。
ここ数ヶ月VFCジャパンでは在庫切れになっておりウチのお客様にもしばらくお待たせしてしまいましたが今週にやっと入荷してきました。でも国内在庫数は少ないようです。
VFCの電動ガンのレジェンドシリーズはMk12やSOCOMなど人気機種がほとんど在庫切れになっており、現在大人気のHk416も14.5と10.5の両方が売り切れになっています。Hk416の在庫切れは今の時期あってはならない事ですが、早く再入荷することを願っています。
今日ご紹介するCombatMasterも大人気商品で、この高級感はちょっと他にはないくらいの出来でリアル派も納得する作りです。日本の規制に合わせた品質の低いスプリング以外は内部パーツも充実していて凄くオススメできます。飛距離カスタムを更に施せば完璧な電動ガンになるので最高の一丁ですよ(*^^)v















正直かっこ悪い部分は何処にもありません。
無難過ぎるスタイルかもしれませんが、大人気な理由はやっぱりカッコイイからですよね。最高にステキですよ(^^)




短い銃ですがレールは極限まで伸ばしているのでアイテム取り付けの容量はたっぷりです。好きなパーツを沢山付けられます。特殊工具がないと着脱できませんがしっかりしたレールはさすがVFCって感じですよ(^O^)



オリジナルのKNIGHT'Sインコネルタイプ焼入れハイダーもバッチリです。好評発売中です!






KNIGHT'SオリジナルのSR-16レシーバーは各アンビ機構もライブで作動。
つや消しの真っ黒なレシーバーは非常に高級感があってステキですよ(^^)



ウエポンライトやグリップなど様々なパーツを取り付け可能でしかもスッキリしています。



パチですがよく出来たACOGのレプリカとの組み合わせが非常にお気に入りです(*^_^*)



こちらもVFC製のPEQ-15。レーザーデバイスとライトが内蔵されています。CR123A一本で使用可能です。



リアル刻印入りのLMTストック。10秒でバッテリー交換できる仕組みが人気です。リポだと予備も入るスペースがあるので最高ですよ(*^^)v



電動では一番リアルな細身なグリップ。マルイM4にも使用可能ですね(^^)






さて、
今月は確かウチのオフィシャルチームのナイトゲームがあったと思います。かなり涼しくなってサバゲには丁度いいですよね(^^)
これからがサバゲシーズンって方も多いと思います。つい最近までの猛暑を既に忘れている人間って凄いなぁと思います。
私も9月中旬から10月下旬(今の所)は去年よりずっと忙しくて、最近ブログの更新もサボリ気味だったし(・・;)今回のナイトゲームは休みをもらって絶対行こうと思っています(^O^)でもその前に来週8~9日は名古屋までツーリングに行くのでその準備もあった(-_-;)70年前のハーレーで名古屋に行くのはかなりリスクが高いのでバッチリ整備しないと大変な事になるので何処かで時間を作らねば。
オフィシャルのナイトゲームは一般の方でも参加できますので気になった方はフィールドまでお問い合わせ下さいね(*^_^*)
ブログ頑張ります。ではでは。






Daisuke  

Posted by DAISUKE at 22:03Comments(0)